スポンサーリンク

夏休み~2学期始まってからのむすめiPad活用方法

ICT
スポンサーリンク

むすめのiPadのYoutubeKidsを1時間に制限をしてそろそろ1か月ぐらい経ちますが、文句も言わずにiPadを活用しています。

そもそも、むすめにiPadを買い与えた理由は「Z会小学1年生タブレットコース」(うちでは「ベレーちゃん」と言うくまのキャラなのでベレーちゃんと呼んでいます)。をやるためです。
それを今一度告げると「わかった!」と言って、ベレーちゃんも苦手を克服しながらがんばってやっています。

それ以外にも、YoutubeKidsの時間制限をかけたおかげで、逆に活用の幅が広がってきました。

iPadのYoutubeタイマー設定とリスクについて
時間泥棒の件、配信・発言する場合のリスクを今一度考えてみた方がよいのかなと考える今日この頃です。
スポンサーリンク

小学1年生 むすめ流iPad活用法

ベレーちゃん(Z会タブレットコース)をやっているむすめ

ちなみに、むすめの使用しているiPadは、2020年8月現在で一番の廉価版のwifiタイプでゴールドを使っています。これは、むすこも同じで、ぼくだけ仕事で使うのでLTEタイプ同型を使用しています。

ビジネス使用用途にしろ、お勉強用途にはこれで十分です。解決できない不具合も起こったことはありません。とっても使いやすくて優秀な機械だと思います。

お絵かき、コラージュ

お絵かきとコラージュには、今のところあまり機能があるとわかりづらいので、直感的に分かる付属の「メモ」アプリを利用しています。気が付くと、「メモ」を使って何かを作っています。
もちろんApplePencilも利用して器用に好きなものを描いています。

さっきもSkypeを使ってこんな感じの画像を送ってきてくれました。

これは髪留めです。元々書いてないくまの顔と花束を持たせたところを描いて送ってきました。
くまがご飯を食べてる絵ですが、下部の「あさごはん♪」と言う文字。
ソフトウェアキーボードでも文字を少しずつ自分で打てるようになってきました。

こんな感じで、毎日毎日いくつも送って来てくれます。

Apple Pencil (第一世代)

Apple Pencil (第一世代)

11,390円(09/28 10:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

NHK for School の視聴

YoutubeKidsが1時間ですぐに終わってしまうのに、他に動画を見ている様子。

何を見ているのかな?と思ったら、「NHK for School」。

おとうちゃん
おとうちゃん

うわっ!勉強してる!!!

でも、むすめにとって勉強だと思っていないようで、国語、生活、算数と自分が見てておもしろいなと思う番組を片っ端から見て、気に入ったものは繰り返し見ています。

おとうちゃん
おとうちゃん

うん、NHK for School なら時間制限しないぞ

と、「NHK」の文字に弱い父親です。

いっしょに見てみると中々おもしろくて、飽きさせません。むすめはゲラゲラ笑いながら見る番組もあって、ハマっています。

むすめが今気に入っている番組はこんな感じです。

ことばドリル | NHK for School
初めての読み・書きを、楽しいコント劇で学ぼう!
おばけの学校たんけんだん | NHK for School
“おばけの学校”に通う、おばけの子どもたちが、人間の姿に変身して、いろんな生活科の活どうにちょうせんするよ。
さんすう犬ワン | NHK for School
街のお困りごとを“ 算数” で解決しよう!
おはなしのくに | NHK for School
日本や世界の名作を、語り手が一人芝居で演じます!

その代わり、NETFLIXは今は見なくなりました。

写真

iPadのカメラを使用して、家族の写真や、アクセサリー、ぬいぐるみ、お菓子、花と色んなものを撮っています。

気に入った写真はコラージュして可愛く飾っています。

もちろん、Googleレンズも継続して活用していて、ぼくの来ているTシャツの値段を調べて笑っています。(意味わからん)

まとめ

こんな感じで、多分うちの中でiPadを活用しているのはむすめじゃないかな?と思うぐらい時間があれば何かしらiPadに向き合っています。

機械に執着することはないのですが、あれば自分流に活用するのが上手な子だと思います。こんな風にこどもにも自然に活用することができるのがiPadの良いところだと思いました。

 

10.2インチiPad
iPadは多才なので、あなたにできることを驚くほど広げます。10.2インチのRetinaディスプレイ、A12 Bionic、iPadOSを搭載しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました