小6むすこのiPadのTouch IDが反応しなかったので対処しました。

Apple
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

小6むすこのiPad(第7世代)の「Touch ID」(指紋認証)が先日利かなくなりました、

指紋認証するボタンを綺麗にしても、カバーが被さってないか見ても、再起動しても利きません。

大抵の事は再起動すれば治るのですが、治りません。

しかも、「このiPadでTouch IDをアクティベートできません。」とアラートが出る。

このiPadでTouch IDをアクティベートできません。

アップデートも最新のものになっているし、ソフトウエアの問題じゃないな。。。。

しかし、あの丸ボタンをポチポチ押して見ても同機種のぼくの者と比べて動作が悪い。

ハードウェアの問題がありそうだし、誤魔化し誤魔化し使って、指紋認証無しにするのはセキュリティ的にもどうかなと思いましたので却下します。

iPhone や iPad で Touch ID が機能しない場合
iOS デバイスのロックを Touch ID で解除できない場合、指紋を登録できない場合、パスコードの入力を求められる場合の対処法をご案内します。

んじゃあ、ひょっとしてぼくの切り分け方が悪いのかもしれなくて、ひょんな事で治るかもしれないし、原因究明の為と修理を覚悟しながら「Apple新宿」のGenius Barへ相談の枠が翌日の午前中が空いていましたので予約を取って出向いてきました。

お近くのApple Store - 新宿 - Apple
Apple 新宿の営業時間、連絡先、イベント情報を掲載しています。
スポンサーリンク

Apple新宿

Apple Store自体に行くのは、約2年ぶりです。

実はこのむすこのiPadをむすこと買いに出かけて以来です。

この時は、当時9歳のむすこにiPadを持たせるのは可能か?ともたせるならファミリー共有はどうすれば良いのかを合わせてストアの3人の方によってたかって教えていただいた時です。

結構盛り上がりました。コロナ休校だったから平日だったなー

iPadを買いに行きました
タブレット学習は「すらら」に決めました。そこでiPadを購入しに、Apple新宿までむすこと出かけてきました。

さて、久々のApple新宿。平日の午前中にも関わらず結構混んでします。

高齢者の方、多しって印象です。

さて、対応のお兄さんに案内され、椅子に座って対応していただきました。

Apple新宿で診断を待つ、むすこのiPad。
Apple新宿で診断を待つ、むすこのiPad。

まずは、「診断」から。

以下のように、症状を伝えました。

  • 再起動しても、よく拭いても、Touch IDが利かない。
  • 「このiPadでTouch IDをアクティベートできません。」とアラートが出た。

すると、

「ファミリー共有を切って、データがバックアップされているか確認しましょう。」

「バックアップもOKです!」

「では、シリアル番号の確認をいたします。これで診断ができますので。」

「え~、それだけ分かるんですか?」

「そうなんです。だからお電話だけでも不具合を特定できますよ。ここまで出向けない場合はお電話もご利用くださいね。」

「はい、そうなんですね。」

iPadは修理ができない??

「iPadの場合は、ハードウェアの不具合の場合は修理が出来ないんですよ。なぜかと言うと、見ていただくと、ネジがないですよね。筐体等を接着剤で貼り合わせている構造なので、部品交換しようと筐体を開いて剥がしてしまうことになるのでそれだけで壊れてしまいます。なので、もしTouchIDボタンハードの不具合ですと、本体ごと全交換で修理とさせていただきます。そこのことをご了解ください。」

「うひゃ~、じゃあ新しいものを買うことになりますか?」

「iPhoneはお客様のものを見ていただくと、ネジがありますよね。そこから中の部品。バッテリー交換とかができるのですが、iPadは一番交換のご要望が多いバッテリーの交換も出来ない構造なんですよ。その場合は、最新機種を新しくご購入いただくか、在庫があれば現在と同じ機種、第7世代のものの新品と古いiPadを交換となります。
現在と同じ機種と交換の場合は、最新機種を購入するより1万円程度安く購入できます。
お客様は保証期間(1年)が過ぎていますのでこのようなご案内になります。
ご了承いただければ、どちらかご用意いたします。」

「了解、では、ハードの不具合であれば、在庫があれば同機種のものをお願いします。」

交換修理として対応してもらう→同機種(第7世代)で新品になった

・・・・・しばらく診断に時間が入り、お兄さん立ち上がってどこかに消えてしまいました。

謎の箱を持って戻ってくるなり、診断結果を端末上で見せてくれました。

「ご覧いただけますか、大事に使っていらっしゃるようですね。Touch IDボタンだけ「×」(壊れている)になってしまいました。他は大丈夫なんですけどねー。よろしければ交換修理と言う形でよろしいでしょうか?」

「仕方ない。お願いします。」

そこでお兄さんが謎の箱を開きながら

「在庫ありましたので、こちらでよろしいでしょうか。」(謎の箱にはiPadが入っていました。)

「お願いします。」

「では、動作確認とボタンの不具合等確認いたします。。。。。OKかな。お客様の方でも確認お願いします。」

「大丈夫ですね」

「こちらの交換iPadは、交換費用として税抜き27,709円となります。交換品ですので、保証期間が本日から90日となりますのでご了承ください。」

「OKです」

と言う感じで、むすこのiPadは旧機種とは言え綺麗さっぱりの状態になりました。

後は、バックアップをiCloudから戻す方法を簡単にレクチャーいただき、OSアップデート等で時間が掛かるので、家で作業するとして、他に何も見ずにいそいそと帰りました。

iCloudバックアップは便利だ!

戻った後に、OSのアップデートとiCloudのデータを戻す作業をしました。

すると、1時間もすると作業が終わっていました。壁紙もアプリも設定も元通りです。

後は、修理前に削除した、パスコードと指紋認証の設定、ファミリー共有の設定のみを設定をしたら元通りになりました。

今の機械はネット上に根こそぎバックアップできるので本当に便利ですね。

また、ネットを見てみると、TouchIDの不具合と言うのは結構な頻度でありますね。

よく触るところなので、仕方ないのかもしれません。気を付けようがありませんね。

iCloud
iCloudとiCloud+は、あなたのすべての写真、ファイル、メモなどを安全に保存し、どこにいても使えるようにします。しかも、すべて自動です。
スポンサーリンク

まとめ

iPadの不具合をApple新宿まで行って対応してもらった件を記述しました。

対応していただいたお兄さんは無駄のない動きでサクサク進めていただいて、30分もかからず店を出てきたと思います。

しかし、GIGA端末でiPadをお使いの区もあると聞きます。

ハードの不具合だと、全取り換えか。。。。iPadは軽いし使い勝手が良いのにな。

むすこたちが使っているChromebookはランドセルに入れると重いし大変ですが、多少雑な扱いでも頑丈だし(実際この間棚から落とした)、、、、

一長一短はありますな。

いずれにしてもICT機器の不具合は付きものなので、全ての不具合は織り込み済みと見ておく必要がありますね。

10.2インチiPad
iPadの新しい魅力は、パワフルなA13 Bionicチップ、センターフレームに対応した12MP超広角フロントカメラ、True Toneディスプレイテクノロジー、そして64GBから選べるストレージ。

ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
AppleICTiPad
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました