小6むすこの新担任の電話連絡

ディスレクシア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

小6ディスレクシアむすこの担任の若い先生。

小6むすこの新しい担任との面談
LDの話を中心に気合を入れて行きました。学校の先生は協力的ですごく助かりますが、こちらからのお願いより、先生から色々お褒めの言葉をいただき。なんだかいつもと違う面談でいい気分だった面談でした。

よくお電話をいただきます。

ぼくみたいな、おじさんとお電話で話すと緊張するのか?いささか声が震えているようで逆に恐縮してしまいまいます。

何度お電話いただいても良いので、ご用件は電話一回一件でも構いません。

リラックスしてお話しいただければと思います。

二十代半ばでお若い、お若いと言ってももう赤ちゃんがいるそうです。

お~おおお。ぼくの半分以下のご年齢でお子さんがいるなんて、すごい。

お子さん共々、うちのむすこもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

特別支援教室の件

小学校の先生
イメージ的にはこんな感じです。むすこも似てるかも。

面談の時に勝手な理解はいけないと言う事で「特別支援教室」の形態についてお調べいただきました。

やはり、ぼくらが言うように普段は普通学級に所属して、週に1回程度その「教室」に通って療育や補習を受けるものだそうです。

実際に今の小学校でもありまして、むすこのクラスでもいます。

それぞれ様々な子がいます。

昨日、むすめのおともだちのNちゃんのお兄ちゃんもそうです。

勉強は抜群にできるけど、低学年~中学年にかけて多動性や嫌がらせな事を何度もやらかしてしまいました。

小6になった今、学校ではおとなしくなっていますが、保育園が一緒だったむすこは何度も嫌がらせを受けて、そのうちのむすこでさえ相手にしなくなってしまいました。

中学受験希望とお父さん・お母さんから聞いています。勉強が出来るのでかなり良いところには行けるでしょう。

幼児の頃みたいに仲良くならないのかな?その前に卒業しちゃうのかな~ 残念だね。

中学生なったら「特別支援教室」行く!

今、車で30分のところへ個別指導に通っていますが、それも小学生終わったら卒業しようと思っています。個別指導の先生もそのつもりのようです。

ただ、むすこが中学の「特支教室」に希望すればの話です。

今の小学校では2年前の「wisc」の結果(境界知能・学習障害)を提示した際に、SC先生から「特支教室」ご用意します。と言われました。

むすこは、ともだちに自分に「学習障害」があることをバレたくない!と強く望んでいます。

せっかく学校内でそう言った療育指導が受けられるし「ことばの教室」もやっていただけるのに、それは拒否し、ここまで外部の個別指導に通って、療育を受けて来ました。

それは、むすこにとって大事なことなので仕方がありません。ディスレクシアの特性はむすこのものであって、それを他人に言うのはむすこに任せようと言うのがぼくの方針です。

1人だけ言ったことあるって言ってたっけな~

ともだちにディスレクシアのことを告白したむすこ。
自分から信用できるともだちに障害のことを話したそうです。

ところが、、、先生からお電話を頂いた後に「特支教室」の事をむすこに確認すると。。。

「やっぱり、中学になったら「特支教室」に行く!抽選漏れたらまた個別指導行きたい」と言ってくれました。

これであれば、放課後早く帰って個別指導に行く負担も無くなりますし、部活休んでまで行かずに済みます。

但し、このご時世希望者が多いと予想されます。

選に漏れなければいいなぁ。

スポンサーリンク

特技を誉めてくれる先生

昔から、体を動かしていないと死んでしまうぐらい、いつも走り回っていたむすこ。

体育だけは嫌いになることは無いようです。

それでまた先生から電話。

「今日リレーの練習したのですが、〇〇〇〇くん(むすこの名前)すごい走りですね。爆走してましたよ。」

これが前振りの話かと思ったら、その話をしたかったらしくそれでおしまい。

でも、、、とってもうれしかったですよ。

教室でやる授業はどうしても嫌いが先に立ってしまうのですが、体育だけは別。

そんな特技を誉めてくださって、本当にうれしい。。。。

返って来てからむすこに「今日リレーやったんだって?先生から電話来たよ」と言うと、

「あ、あれひとり走るの苦手な子がいて、それでビリだったよ。」

うわー、聞かなきゃよかったか?あまり満足してなかったご様子。

でもね、自分の事だけじゃなくてチームの事を考えているようで、その辺はさすがです。

また同じメンバーでリレーするかはわかりませんが、自分の走りをしてください。

この間、短い距離の駆けっこをむすことしたら、ぼくが負けました。。。。。

いつの間にかです。

記録見てみると、50m走 8秒台は既に切っていて、7秒台で走ってるご様子。

高校生かよ。

それじゃ勝てないよ。おじさんは。

スポンサーリンク

まとめ

新しい先生が、いつも気に掛けて連絡をくださることを記述しました。

本当にむすこは小学生時代は先生に恵まれた感じがします。

いやいや、むすこのキャラクターがそうさせているのかもしれません。

先生がおっしゃるように、むすこのキャラクターを大事にしていこうと思います。

どこでどう良い方向にいくかわかりませんよね。

小6むすこの新しい担任との面談
LDの話を中心に気合を入れて行きました。学校の先生は協力的ですごく助かりますが、こちらからのお願いより、先生から色々お褒めの言葉をいただき。なんだかいつもと違う面談でいい気分だった面談でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました