スポンサーリンク

自分で描いた絵が飛び出して大喜び・・・らくがきAR

iPad
スポンサーリンク

自由研究これでいいや!とつい思ってしまったアプリを教えてもらいました。

でも、今年は残念ながら自由研究の宿題は無し!

「らくがきAR」と言う自分で描いた絵が飛び出すアプリです。

早速、むすこ、むすめと絵を描いて遊んでみました。

スポンサーリンク

「らくがきAR」を使ってみました

最初にぼくが試しに遊んでいたら、めざとく見つけたのがむすめ。

わたしが絵を描いてみる!

と言って書いてもらいました。

いつもみたいにくまの絵を描いてもらって改めてためしてみました。

「らくがきAR」すげー、いっぱい出てきた。

むすめとむすこのiPadにインストール!

やってみせると、当然。「ぼくも、わたしもやりたい!」と

なので、ふたりのiPadにもインストールしました。

このアプリは120円です。

でも、「ファミリー共有」していると6人まで120円で共有が可能です。

むすこ・むすめにはインストールして渡しただけですが、さすが頭のやわらかいこども。説明もなにも聞かずに使いこなします。

むすめ
むすこ

ちなみに、むすこが描いた絵の紙は、保険会社に提出するための書類の裏でした。

来週、改めて新しい紙を送ってもらうことにしました。

やろうと思ったら何の紙だか全く確認することは頭にないむすこです。

らくがきAR

らくがきAR

Whatever Inc.¥120posted withアプリーチ

そういえば昔、科学博物館でも似たようなものが。。。

4年ぐらい前に、むすこのともだちと行った上野の国立科学博物館で、絵を描いて渡すと水槽の中を自分が描いた絵が泳ぐという企画がありました。
それも確か、ARで同じような技術なのかな?と言うことを思い出しました。

国立科学博物館にて(2016年9月)

その時もすごいなと思いましたが、色もあまり再現されていなく、あまりきれいではないなと言う印象でしたが、4年経って今はすごいですね。iPhone/iPadをもっていればこれだけ、きれいに、おもしろく、かわいくできることに驚きです。

まとめ

話によると、PC上に描いたものも動かすことができるようです。

ただし、壁に貼ってある絵はうごかすことが出来ませんでした。

PCもディスプレイが立っているものはダメだと思います。

ぼくのやり方がわるかったのでしょうかね?無理でした。

それでも、こどもはおもしろそうに遊んでいます。

特に、絵を描くことがすきなむすめにはたまらないようです。

また、ひとつiPadの楽しみが増えたようです。

らくがきAR

らくがきAR

Whatever Inc.¥120posted withアプリーチ

追記

追記:2022年9月21日

このアプリは、もうむすこはやっていません。

やっぱりむすめ。未だにやっています。ひまを見つけては思い出したようにやっています。

このソフト、「ROBLOX」「Z会」「skype」「お絵かき」「Youtube Kids」「NHK for School」。。。やっぱりiPadを一番活用しているのはむすめのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました