スポンサーリンク

Google Nest wifi にしてすごくよかった話

Google
スポンサーリンク

先日の Googleストア バレンタイン特別セールってのがあったので「Google Nest wifi」(ルーターと拡張ポイントの2台セット)を購入いたしました。

どんどん増えるwifi機器。数えてみると11台。

それにロフトベッド2台も買ってしまった為の、部屋の模様替え。

模様替えを機にPS4を無線にしてそのnasneも途切れ途切れになり。5年ぐらい前に3000円ぐらいで購入したNECのAtermが悲鳴を上げ始め、うちのネットワーク環境が改悪されたことで、むすこからのクレームも増えてきたところで、何かいいルーターは無いかな?と物色をしていたところです。

ネットを探すと数限りなくwifiルーターが出てきますね。

もう、よくわからないし、どれも良い事しか書いてないから、なんでもいいから適当に評価の良いものをとするときっとハマるので、じっくりとむすこのクレームを余所に間違いの無い製品選びをしようと思っていた矢先に、このルーターの存在を知ってしまったのです。しかもバレンタイン特別セールで。

スポンサーリンク

Google Nest wifi を選んだ理由

すみません。一番はデザインです。一番避けていたハマるパターンですね。

それと、wifi機器をたくさんつなげられること。(100台、拡張ポイントを合わせると200台 すげー)

もう一つ、「家全体をカバー」と言うキャッチフレーズが忘れられなかったこと(ルーター120平米、拡張ポイント90平米 すげー)

この三つです。

でも、あの「メッシュネットワーク」ってのは、なんなのかよくわからないまま購入しました。

箱を開けたところ、どっちがルーターだか拡張ポイントだか一見ではわかりません。
むすめが、なんかの和菓子かと思って寄ってきました。

メッシュネットワーク ってなに?

メッシュ ネットワークとは - Google Wifi ヘルプ
Google Nest Wifi と Google Wifi は、メッシュ ネットワーク Wi-Fi システムです。メッシュ ネットワークは、デバイスのグループが 1 つの Wi-Fi ネットワーク

買ってからGoogleさんのサイト(上記)で確認しました。

要は、無線LAN中継器みたいにwifi機器1台や帯域をつなげればつなげる程細くなるものとは違う原理であり、拡張可能なメッシュ Wi-Fi(IEEE 802.11s)のおかげで、拡張ポイント経由でも速度が落ちないそうです。
そのせいか、壁を隔てた脱衣所でもよく電波が届いています。

Google Nest wifi を買ってよかったところ

以下羅列します。

  • デザイン。メカメカしてなくていいぞ。
  • メッシュネットワークって言うもののおかげで、部屋全体(お風呂はわかりません)がwifi環境になりました。→つまり快適
  • PS4(wifi接続)のnasneが途切れなくなりました。
  • うちのwifi機器全部普通につながってます。
  • 親・子ともに同一のSSID・セキュリティキーが使える(これ結構大事)
  • 設定が簡単(「Google Home」 アプリで設定します。)
  • 「Google Home 」アプリはBluetoothでつなげるのでネットワークがどっか行っちゃっても設定が可能(これも大事なポイント)

Nest wifiを箱から出して、wifiにつなげるまで10分は掛からなかったと思います。簡単でびっくりしました。相当古いwifi機器を無理やり使っていたので、技術の進歩に隔世の感を禁じ得ません。

Google Nest wifi の悪かったところ

プライベートIPアドレスの変更はできません。

192.168.86.0/24が勝手に割り振られて変更ができません。

私は家をSOHOにしていますので、レーザーモノクロ複合機を有線LANでつなげていました。今までつなげていた先は、NTTからお借りしているひかり電話モデム付きルーターです。それは、192.168.1.1/24のアドレス帯を使っています。すなわち、二重NAT状態です。
それで、プリンタが反応しなくて焦りました。
違うローカルネットワークの複合機になってしまっていたのを、知らずにPC(wifi接続)からプリントをしようしたと言う事です。

ちなみに現在のうちのネットワーク構成はこんな感じです。

ネットワーク構成図

しかしながら、そこはさすがのGoogleさん。ちゃんと回避策をとってくれてました。

Add LAN ports to Google Nest Wifi or Google Wifi - Google Wifi Help
You can add LAN ports to your Google Nest Wifi router or Google Wifi point by connecting them to a switch. Note: For Google Nest Wifi, you can only connect addi...

Google Nest Wifi ルーターに拡張LANポートがありますので、そこへスイッチングハブをかましてそこへ有線で複合機をつなげたら、192.168.86.のネットワークに入ってくれました。

てっきり、Google Nest Wifi ルーターが普通にブリッジモードで接続されていると思っていました。このことがわかるのに結構時間がかかりました。

ブリッジモードは Wi-Fi デバイスが 1 台の場合のみ

複数のデバイスからなるメッシュ ネットワークを作成している場合、メイン Wifi ポイントをブリッジモードにすることはできません。

Google Nest Wifi と Google Wifi はブリッジモードに対応していますか?

だそうです。

ブリッジモード - Android - Google Wifi ヘルプ
ブリッジモードが必要になるのは、二重 NAT によって特定の現象が発生している場合のみです。ほとんどの場合、二重 NAT が Wi-Fi のパフォーマンスに

あとVPNはありません

VPNはNTTルーターの機能で利用しているので別に構いません。

ただ、外からプリントは出来なくなりました。

ちょっと熱いなるかも(ルーターの方)

うちにはサーモメータ―がありませんので、どれぐらいの温度かわかりませんが、「ルーター」の方が、ちょっと熱くなります。一度固まってしまったことがありましたので、念のためしばらく冷まして再起動したらちゃんと動き出しました。

そんなわけで、熱を発するもの同士を直におかないように、むすこ・むすめが昔使っていたレゴブロックを下駄にして置くことしました。それからは一度も固まることはありません。

熱には気を遣う必要があるかもしれませんね。

レゴブロックを下駄にしてみました。

え?スマートスピーカーじゃん

模様替えを機会にAlexaを外してしまったのですが、「OK, Google」さんが来てしまいました。但し拡張ポイントだけです。Spotifyがご機嫌で鳴ってくれます。

ただ、「OK, Google」さんはG Suite対応で無いので、別に個人で使っているGoogleアカウントで登録するべきだと思います。

Nest Wifi の技術仕様 - メッシュ Wi-Fi - Google ストア
Google Nest Wifi ルーターと Google Nest Wifi 拡張ポイントの詳しい仕様をご紹介します。Google Nest Wifi 拡張ポイントは、前の世代の Google Wifi システムとも連携して、通信範囲を広げることができます。

まとめ

NATの問題で引っ掛かったぐらいで、スマートスピーカーも手に入ったことですし、今のところ大変満足しています。

SOHOや小規模事務所で設置してみようとお考えの方は、参考にしていただければ幸いです。

無線LAN対応の機器は全て無線にしても良いかなと思いました。

ただし、有線と無線が混在する場合は、お気を付けください。

あとは、耐久性ですかね。

うちの Google Nest wifi ルーター(レゴブロックの下駄を履かせる前です)

追記

追記:2020年9月9日

PS4(wifi接続) nasneの画面がフリーズすることも無くなり快適にになりました。

あと、FF14を同じくPS4プレイしていますが、遅延なく全く問題なくプレイできています。

いまのところは、この商品無くてはならない商品になりました。

よかったなー

 

追記:2020年9月22日

情報が何も無いので定かでは無いのですが、ソフトウェアアップデートがちょこちょこされているような気がします。
特に、本機の場所移動等で電源を切った後には、各端末、途切れることはありません。

うちは、フレッツのマンションタイプで最大100mbpsの速度ですが、下り・上りとも80mbps~60mbps出ています。

追記:2020年9月22日

情報が何も無いので定かでは無いのですが、ソフトウェアアップデートがちょこちょこされているような気がします。
特に、本機の場所移動等で電源を切った後には、各端末、途切れることはありません。

うちは、フレッツのマンションタイプ(VDSL)で最大100mbpsの速度ですが、下り・上りとも80mbps~60mbps出ています。

追記:2020年10月9日

「Google Nest Wifi」にパフォーマンス改善アップデート配信がされたみたいです。

  • ネットワーク遅延の低減
  • パフォーマンスの改善
  • 複数のデバイスが同時に接続されている状態渋滞遅延改善
  • 「new device notifications」新しいデバイスが接続した場合に、「Google Home」アプリをインストールしているスマートフォンに通知される機能を実装。

こんな感じだそうです。

なんだか、買った時よりもドンドン快適性は増してきて、wifiを使ってPS4でFF14をやっていても全く遅延等は見られなくなりました。常にアップデートをいつの間にかやってるのでしょうか?

今まで購入したルーターで一番良いと思っています。

後は耐久性ですね。

また、セールをやっているそうです。

Google ストア(日本)にて10月15日まで、Nest WiFi本体のみが1,980円引きの1万7820円、本体と拡張ポイントの2個セットが3,190円オフの2万8710円、拡張ポイント単体のみが1815円オフの1万6335円で販売されています。 お得だな。

Google Nest Wifi
Smart Mesh Wifi

追記:2020年11月8日

先日の、Amazonプライムデーで、echoを2台も追加して照明器具やら、空気清浄機やらwifiがつながるものが一気に増えました。

このnest wifiは1台で100台の接続機器に対応します。

前にもっていたwifiルーターは15台まで。

やっぱり、新しいルーターにしてよかったと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました