むすこ・むすめ用の日記メモをつけています。

ノートADHD
この記事は約3分で読めます。

日記と言うと大げさですが、小5LDむすこと小2ADHD疑惑むすめの気付いたことや変化があったことをひと言ふた言、ノートを用意して記述しています。

むすこの場合は、どうしても学習面が中心ですが、うれしそうにしている時や心が不安定そうな時のことなんかも記述しています。基本楽天家なので学習面が残念でもむすこのノートを書くのは楽しい話題が多いです。

むすめのノートは、逆に学習面の事はほとんど書いてません。むすめの登校時に憂鬱そうにしてないか?学校から帰ってきてから楽しそうに帰ってきたか?今は学校やともだちの事はほとんど言わなくなってしまいましたのですが、ふいにむすめが言い出した出来事や気持ち等、むすめの内面の事で感じた事を中心に記述しています。

これらは、ほんの些細なことを、振り返るのに役に立つかな?と思って書いています。

今の日記メモ。今はこれが安売りされていたのでこれ。

細かいメモリが弱い。

昨日、むすこ用の日記に記述したことに「分数感覚$\frac{1}{16}$で癇癪」とありました。

例の取り組んでいる「天才能ドリル(数量感覚)初級」をやっている時です。

一番問題としているのは分数です。それで「分数感覚」のページにようやく入ってきました。

天才能ドリル「分数感覚Ⅰ」

このQAの問題。(1)(2)は出来ました。(3)から怪しくなって(4)は出来なくなってしまいました。

低学年の頃のように、涙目・過呼吸気味になって拒否します。

いつもならそんな状態で「できない?もうここまでにしようか。」と聞くと、「やる」と言ってなんとかぼくが教えながらも最後まで付き合ってくれますが、今回は本当にだめ。。。。

「分数感覚」が無いというより、

このようなマス目を見ることがつらいので、これまでのあらゆる分数の課題を拒否して、ますます分数が分からなくなっている境目と言うのがこの辺りなんだろなと思いました。

似たようなもので、定規やグラフのメモリは克服できたものもあります。

でも、この問題で4つと8つに分けたものはできました、16に分けたものはだめでした。

このような規則性のある細かいメモリのようなものは見るのも、数えるのも嫌だと言う感じでした。

むすめのピアノの譜面の16分音符もだめかな?

ドリルをやる時は、気持ちが落ち着いている時がいい。

とりあえず、細かいメモリを見るのが相変わらずだめと言うのがわかりました。

このような問題と言うのは今後付き物なので、明日もう一度チャレンジさせてみようと思います。

その時は気持ちが落ち着いていて、この(4)だけ見てもらうのが良いかもしれません。

それでもだめなら、大きく書いて理解しているか確認してみます。

まとめ

日記ノートとむすこの分数の事について記述しました。

こうやって、適当でも日記をメモのように書いて行くだけで、むすこが克服したものや改善があった時、またはその逆もわかることもあります。

そんなものに活用していこうと思います。

一方むすめの場合は、学習面では問題がありませんが、今担任の自分に対する扱いの悩みがあります。

自分の感情をぶつけてくる担任(絶対何か特性がある???)で、むすめのあるかもしれない特性を理解できないなんて許しがたいものがありますが、そんなむすめの様子を記述していくだけで、大きな証拠になるでしょう。

このノートの中身ですが、ぼくは字が破綻しているので恥ずかしくて見せられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました