「漢字50問テスト、移動教室でやるってよ」とおどかした話。

ディスレクシア
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

小6むすこ。

最近髪型が気になるみたいです。

むすこは少し癖気味の髪質なので、いわゆる「サラサラ」な髪型は無理です。

髪の量が人より多いので、床屋さんにはすいてもらって、刈り上げをしてもらっています。

その刈り上げがともだちみんなに気に入られて、揃いも揃って刈り上げが始まりました。

更に今では少し発展して、担任の先生がツーブロック風にしているので、むすこの学年男子がツーブロックに出来る子は似たような髪型にしています。

それが、仲良しの子が多くしているもんだから自分も「あれにしたい!」と言い出しました。

「おとうちゃん、おれの髪切れる?」なんて聞いて来ます。

「あんたの難しい髪質で、出来る訳無いだろ。出来るなら床屋さんしているよ。」

おとうちゃんなら、なんでもおれの言う通りにやってくれる。

なんて、思ってくれても、そんな専門的な高度な対応は不可能ですわ。

スポンサーリンク

移動教室のおかげで、一週間延期「漢字50問テスト」

エピペンの事を先生に教えるむすこ

エピペン

移動教室前に担任の先生から電話がかかってきました。

「エピペンの事を聞きました!どこに入れておいていただきますか?」

移動教室中のエピペンの場所の確認でした。そう、むすこはピーナッツアレルギーです。

「え?エピペンの事をむすこと話したのですか?」

「はい、自分から言ってきました。エピペンの予行練習もしたそうで。。。」

「あ、そうですか。連絡票にも書かせていただきますが、大きいバックじゃなくて、移動に使うリュックの外ポケットに入れておきますので、ご確認ください!大きくテプラで表記もしておきます!そんな時は119番も!!」

「わかりました!!」

むすこエライな。エピペンの事を自分から先生に教えておくなんて、、、、

小さい頃からそうなんですが、危機管理には敏感で特に身に降り掛かる事にはかなり備えるし、何かあった時の逃げ足も速い方です。

そんなむすこなので、心配事のアレルギーを先生に話したのかと思います。

ところで漢字50問テストを移動教室でやれば

移動教室で延期になった漢字50問テストのことはすっかり忘れているむすこ。

「先生からさっき電話来た時に、移動教室で「漢字50問テスト」やってくれってお願いしといたぞ。」と冗談で脅かすと、

「あ!漢字テスト勉強の宿題忘れてた!!」

もう、移動教室の準備すら自分でやらないくせに、全てをすっかり忘れています。

笑えます。

そこで、そそくさと漢字の練習を始めました。

もうすぐ、1学期終わり??

漢字練習をしているところを見ていると、漢字ドリルノートに先生からの励ましのひと言が1ページ1ぺージ書いてありました。

むすこに伝わっているかわかりませんが、ぼくはこれを見てとてもうれしい思いがしました。

すぐ忘れちゃうけど、漢字ドリルの宿題を忘れないように次思い出せるように一つ一つ丁寧に取り組んでいるむすこの事を分かってくれているようで。。。。

たくさん反復練習できなくて書けない時もあることを承知してくれてます。

そんな時も励ましのことばをいただいています。

むすこの弱点も分かっていて、「ふりがな(よみがな)をかこう!」等もソッと書いてくれています。

小学生最後の年。

さりげなく寄り添ってくれる先生に恵まれて本当に良かったと思います。

スポンサーリンク

まとめ

むすこに、移動教室で「漢字50問テスト」をやると脅かした話を記述しました。

去年行けなくて、やっと実現する移動教室です。

楽しんできて欲しいものです。

むすこの、夏のお泊り旅行は3回あります。それのひとつです。

今年の夏は忙しいむすこたちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました