スポンサーリンク

むすこの長い休みの過ごし方

ディスレクシア
スポンサーリンク

緊急事態宣言が出された2日めの昨日。

週一で予定されていた、登校日、保護者会、校庭開放諸々が中止になってしまいました。

「集まるな!」と言う事ですので、仕方ないですね。

下のむすめの学童もまだやってもらってますが、そろそろ閉鎖かな?と言う雰囲気にもなっています。

来週まで急ぎの仕事があるので、それまでなんとかお願いします!と言いたいですが大丈夫でしょうか?

そんな訳で、終わりのない、学校休業期間が始まってます。

元気なむすこも学校にまた行けないことにさすがに参っているようです。

ぼくも、このまま学校が無いような気がしてきました。

前にも記述した、N中等部の小学部ディスレクシア課でもあれば入学させないと親のぼくもボケてきそうです。

むすめは、せっかくの新一年生になれたのに自分で決めたお気に入りのランドセルは一日しか背負えていません。

誰がどうと言う事は言いませんが、もうジャンパーも要らない季節に安心して元気に遊べなくて可哀想です。

そうも言ってられないこの状況です。

この長い春休み・長いGWの1か月間、担任が顔を見る事も無く、授業をすることも無いままなのでしょうか?

自分でやっていくしかないか。。。。。

スポンサーリンク

さすがにむすこも長い休みにも慣れたみたいです

むすこの場合。長い春休みを経験してきましたので、もう長い休みに慣れたようです。

前にも記述しましたが、生活のリズムはほぼ毎日同じにしてあります。

休みの起床と就寝

朝は、6時半頃起きてきます。

夜は、9時~9時半の間に寝ています。

これはむすめも同じです。

休み中の遊び

むすめは学童があるのでそれに行かせていますが、むすこは4年生なのでありません。

でも、自由が本当に好きなので自由に遊んでいます。

昼間は、児童館や校庭開放を土日以外はやってくれてますので、友達と出かけているようです。

友達とのコンタクトは、前日の約束、キッズケータイ、フォートナイト内での会話でやってるようです。

気付くと、電話片手に約束を取り付けています。

最初の頃は、朝6時とかありえない時間に掛けようとしたこともありますし、掛けても名前を名のならかったり常識から外れていましたが、最近はきちんとできるようになっています。よく電話を掛けているので電話魔です。

むすこが帰ってきたときに何をしてきたかとどんな友達を遊んだか話してくれるので、それを聞くのが楽しみです。

また、ごはんを食べた後も、友達とフォートナイトの仮想空間で約束して毎日お風呂に入るまで戦っています。

相手のお母さんはどう思ってるのか少し怖い気もします。。。。。

似たような自由な家庭なのなら良いのですが。

むすこのキッズケータイです。
この小さい画面でメールも使いこなしてます。
(ぼくには小さすぎて見えません)
うちのディスレクシアは機械で文字を打つのは大丈夫のようです。

学習について

学習は、ほぼ「すらら」に頼り切ってます。

朝に1教科、夕方遊びから帰って来てから残りのものをやっています。

すらら>コーチからは「毎日ログインすごい!」とメールを頂けています。(出来は別です)

むすこの場合、これが無かったら何もしてないでしょう。

本は読めないので、デイジー教科書をたまに利用しています。

もうすぐSTRAW-R 検査の結果もでてくると思いますので、個別指導の先生のご意見も聞きながら進めさせようと思います。

まとめ

こんな感じです、土日もほぼ同じです。

むすこの長期休暇はこんな感じで毎日が進んでいます。

遊びが中心なので、夜はすぐ寝てしまいます。

彼なりに、充実した毎日になっていればいいなと思っています。

がんばれ小学生!

コメント

タイトルとURLをコピーしました