PR

eSIM使って、iPhoneでデュアルSIM環境にしました。

この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

普段スマホはiPhone13Proを使っています。

povo2.0でもうひとつ古いpixel3aで主にインターネット共有(テザリング)使っていたのですが、もうpixelがバッテリーが持ちません。限界です。

もう一台安いアンドロイドスマホをと思ったのですが、ものが増えるのも無駄遣いも嫌なのでやめました。

そこで、「iOS 12.1 以降」のOSがサポートされていてiPhone XSより後の機種ならば、デュアルSIMがOKということを見かけて、しかも「eSIM」がpovo2.0でも行けるということでしたので、iPhone13ProにこれまでのOCNの物理SIMの他に、povo2.0の「eSIM」を始めて入れる事にしました。

iPhone の eSIM について
eSIM についてご説明し、iPhone で eSIM を設定する方法や物理的な SIM を eSIM に転送する方法をご案内します。

やり方は簡単でした。

こんどpovo2.0で運用するスマホにアプリをインストールします。

povo2.0アプリ

povo2.0アプリ

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

そして、下記のweb通りにやるだけです。

eSIMご利用のお客様(iPhone)|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0
eSIMご利用のお客さまへ、eSIM(iPhone)開通手続き説明ページです。基本料0円から始めるpovo2.0。au回線のスマホプランだから速度もエリアも品質も安定!eSIM対応、期間縛りなし、事務手数料なし、データ使い放題もトッピングが...

ぼくは、日曜日の夜にやったので手続き完了が翌朝の9時半以降になりましたが、平日の昼間ならもっと速いのかな?タイミングによっては大変人気があるようですので手続きに時間がかかるかもしれません。

カード型の物理SIMであれば、差し替えればすぐに使えますが、デュアル対応したい場合でスロットが1つしかないeSIM対応のスマホの場合は便利ですね。

結果、主回線(OCN)と副回線(povo2.0)両方に電話もかかってきますし、電話をかける場合も主回線とpovo2.0のデフォルト音声回線を設定で変更できることも可能です。

また、モバイルデータ通信の方も同様。通常はOCNを使用していますが、povo2.0でデータ通信をしたい場合も設定での切り替えが可能です。

iOSの 設定>モバイル通信 画面

これから、遠出の外出をしますので、こどもたちのiPadもこれで外出先でぼくのiPhoneからインターネット共有で使う事が可能になりました。

また、うちはAppleの「ファミリー共有」をしているので、家族間のインターネット共有(テザリング)も簡単にできます。

便利な使い方ができるようになりました。

2台持ちさようなら。

iPhone や iPad でインターネット共有 (テザリング) を設定する方法
「インターネット共有」(テザリング) を利用すれば、Wi-Fi ネットワークにアクセスできない場合に、iPhone や iPad (Wi-Fi + Cellular) のモバイルデータ通信接続を共有できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました