読書

ディスレクシア

ディスレクシアむすこ、読書続いています。

あえて、何が書いてあったかは聞いていません。やる気のあるうちにとりあえず自由に読ませます。
ディスレクシア

文章を読んでいくことと、計算問題を理解していくこと。

本を読むように、計算式にもストーリーを与え、一個ずつの計算を積み上げていける作業が次にできていけば、奇跡が起こるかもしれません。あくまで論理的にと言う事で。
ディスレクシア

「読字」を楽にさせるために

全体を見過ぎているのが、これまでの失敗の要因ではないか?段々わかってきたむすこの特性。読書で解決してみよう!
ディスレクシア

ディスレクシアむすこのクラスで読書キャンペーンがあるらしい。。。やばい。

文章読み困難の特性がわかってきました。身近なサッカーの本なら読めるか?無理はするなよ
ディスレクシア

『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』

最近ぼくもむすこに事では頭の整理が出来なくなってきてしまったので、ちょっと前から話題になっていたこの本を読んでみました。
ディスレクシア

ちいさい頃に本好きだと思っていても、読めるようになるとは限らない

ちいさい頃は、ぼくも妻も本好きだから、一生懸命読み聞かせとかしたんですけどねー
読書

冬休みから今月までの読書(LDに役立てそうかなと思った本中心に)

こどもたちも自分で遊んでくれるようになったので、そのすきを狙って本を読んでみました
読書

性教育であります。

それ程意識高い訳ではありませんが、自分が教えてもらっていない分、せめてこどもにはと思って淡々と教えております。
ディスレクシア

自分で生きていくために

あまりにも興味が関係ない事には興味無さすぎなむすこなので、本を買ってみせてやりました。
読書

ちゃんと話を聞けているのだろうか?

「モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 」と言う本を読んでみました
タイトルとURLをコピーしました