【フォートナイト】8月の誕生日に買ってやった13500V-BUCKS、なんと!12月まで取ってありました。

flipゲーム
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
THE END紹介ページより

まだまだ「フォートナイト」に夢中のむすこ。

いよいよ「チャプター2 シーズン8」が終わるらしい。

今回は「チャプター2」自体が終わるらしいので、 チャプター2 フィナーレイベントとして「ジ・エンド」と言うワンタイムイベントが行われます。

今度は、平日で無く日曜の朝6時で、まぁ特別早朝でも無いので家族としても楽。

一回キリのイベントなので、 そのあとに朝ごはん食べて、朝のサッカー練習行けばいいなと言うその日の段取りをしました。

その「ジ・エンド」ワンタイムイベントに向けて準備(参加要件があります)をして備えているむすこです。

告知: フォートナイト チャプター2 フィナーレイベント - ジ・エンド
フォートナイト チャプター2の最後を飾るイベント「ジ・エンド」が、日本時間の2021年12月5日に開催される。このフィナーレイベントで、最大16人のプレイヤーとスクワッドを組みサイドウェイズの汚染に対抗しよう。詳細は要チェックだ!
スポンサーリンク

誕生日の「V-BUCKS」取ってあるよ。

新しいシーズンに新しいバトルパスが必要だ

チャプター2シーズン8のバトルパス購入画面

チャプターとシーズンが終わるので、次は新しい「チャプター3」が始まることでしょう。

多分、12月5日に始まる事でしょう。

新しい「チャプター」及び「シーズン」に入ったらゲットしておきたいのが「バトルパス」と言うもの。

別に「バトルパス」なんか買わなくても、十分に遊べるのですが、購入しておくとレベルが上がっていったり、クエストをクリアしていくとV-BUCKSをもらえたり、スキン等のアイテムをもらえたりする。

それがキッズにはたまらないらしい。

ちなみにその「バトルパス」=950V-BUCKS(フォートナイト仮想通貨)かかる。

V-BUCKSは、最低880円=1000V-BUCS で購入する必要があります。

だから、1回のバトルパスを購入するのに880円あれば可能になります。

こどもお小遣いで買えない事は無い。

V-BUCKS購入メニュー

例年、2週間程度で13,500V-BUCKSを溶かしていたむすこ

その「V-BUCKS」と言うのを、むすこには誕生日(8月)とクリスマスに購入してあげていました。

8,800円=13,500V-BUCKS をです。

買ってあげた時はいつも「次のバトルパス分も取って置け」とひと言言っておいてあります。

前々ににもお伝えしていましたが、例年13,500V-BUCKSを大体色んなかっこいいと思うスキン等をすぐに購入していて、2週間程度で残高が底をついていました。

なので新しいシーズンが始まる時には、必要V-BUCKS残高が無く

「おとうちゃん、バトルパス買って。。。。」とおねだりが始まるのでした。

【フォートナイト】13,500V-BUCKSを2週間で消費してしまったむすこの話。
V-BUCKSの管理は難しい。やはり個別に買ってあげた方がいいか。
【フォートナイト】サンタからの13500V-BUCKS、約2週間で溶かしてしまったむすこ。
夏の誕生日の時に続き今回も13500V-BUCKSが2週間で溶けてしまいました。さて、次回の課金おねだりのタイミングは3月中旬。次回はただではあげない。

おとうちゃん、今回は大丈夫!

フォートナイトをプレイするむすこ。未だに半袖です。

さて、フォートナイトの新しいシーズンが始まると思われる今週末。

「おとうちゃん、今回のバトルパスはV-BUCKS残してあるから大丈夫!」

と自信満々に言うではありませんか。。。。

どれどれとむすこPC画面を覗くと、2000V-BUCKS以上残っています。

「かっこいいスキンとかあって欲しかったけど、我慢した!」

「お~!やるな!うまくやり繰りできたんな~ おとうちゃんはうれしいぞ」

ゲーム内の仮想通貨ですが、自分の頭できちんと計算して、自制を効かしてやり繰りしてくれたことに少し成長を見たのでありました。

その「V-BUCKS」そのまま残しておいて、次の次のシーズンまで取って置いてくれれば更にいいな。

あり得ないけど。

スポンサーリンク

まとめ

小5キッズ男児のフォートナイトをめぐる課金問題を記述しました。

他から見ると「なんでV-BUCKSなんか買ってやるんだ!」みたいに思われるかもしれません。

むすこは色々事情があって、サッカーかフォートナイトしかやってないと言っても言い過ぎではありません。

他から見ると納得できない部分が多いと思います。

でも、これからの世の中何が良いかわかりませんし、世界のどこかの頭のいい人が作ったこのシステムに触れておいても損は無いと思っています。

特に、このV-BUCKSのおかげで電子通貨の出入りなんてのも覚えて来たのも間違いありません。

ちょっと大げさかもしれませんが、夢中になって徹底して遊ぶことを、徹底的に応援してあげれば、将来他の事にもつながる、そんな気がするのです。

違うかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました