「Springin’(スプリンギン)」をはじめた、小2むすめ。

Springin’(スプリンギン)ICT
この記事は約3分で読めます。

小2むすめ。今の生きがいが「工作」と「ICT」と「くまちゃん」。

中でも、ICTにはかなり興味が傾いてきて、手持ちの機器の中で「工作」が出来る初歩のプログラミングに夢中です。

小学校で配られたChromebookではゲームが存在することになるので、「Scratch」は禁止されているという訳の分からんことになっています。これからの人材を育てると言う意識はなく、ひたすら資料作り等に使われている状態です。

ホワイトカラーを育てたいのかな?www

そんな我慢が難しいむすめは、学校でも作り物がしたくて仕方なくて、学校でScratchにこっそりアクセスして簡単なプログラミングをしているようです。できたらともだちに見せているのだそうです。

PCを購入

むすめが今使っているPCは、お下がりのお下がりで10年ぐらい前のものです。

もう液晶はよくわからない液だれ状態になっているし、まともに動かない時もあるとむすめからクレームが入りました。

それでいて、「「マインクラフト」と「ロブロックス」のプログラミングがしたい、したい、したい!」と懇願され、根負けして今DELLに発注済です。

「マインクラフト」のJava版を入れないといけません、事務用では足りないと思いますので、思い切ってビデオボードが入っているものを購入しました。今の到着までのステータスは生産中です。

毎日、いつ来る?いつ来る?と、とっても楽しみにしています。

むすめの可能性を信じて。。。。

スプリンギン入れて。。。。

そんなPCを心待ちにしているむすめがある日、

「スプリンギンをiPadに入れて。。。。」と言っていました。

「なにそれ?」知らないぼくは聞き返して検索してみました。

「それそれ!」

「おーこれか!」

どうやら「Springin’(スプリンギン)」と言う、自分で画を描いてそれを直感的に動かしたり、隠したり、音声を入れられたりするアプリのようです。

コードを並べ替えたり、書いたりすることは無い、簡易的に命令を画にあてられるそんなプログラミングアプリです。

どうせ、Youtubeの紹介動画か何かで見たのでしょう。

おおおおお、これはむすめにぴったりじゃ。

チュートリアルがあるか知りませんが、そんなものも見ずにすでに公開されている作品をやることなく、早速画面上に画を描き始めました。

Springin’(スプリンギン)| 創造的プログラミングアプリ
スプリンギンは、今注目のプログラミングを通じ、オリジナルのゲームや作品が作れるアプリです。直感的な操作により遊びながら将来に役立つ力を育むことができます。文部科学省「みらプロ」で採択、STEAM教育専門家から絶賛され、小学校や塾・教室でも使用されています。アプリの開発は、クリエイティブ企業「しくみデザイン」が手がけてい...
Springin'

Springin’

SHIKUMI DESIGN, Inc.無料posted withアプリーチ

くまのゲームを量産

Springin’(スプリンギン) でゲームを作るむすめ。自分の画に動きが付けられてうれしそうです。

むすめの場合、テーマが決まってるのでたくさん作れます。

テーマはほとんど「くまさん」です。

それから、くまをテーマに「おやつ探しゲーム」「迷子ゲーム」「お手紙ゲーム」。。。。

思いつくままに量産を始めました。

学校から帰ってきた時や宿題が終わった時等、気が付くとやっています。

このようなものをどんどん学校も取り入れれば良いんですがね。

絶対好きな子はたくさんいると思うんですよ。

この学校全員が事務職を目指すわけではない。

学校や日本の教育が何を目指しているかさっぱりわかりません。

まとめ

「Springin’(スプリンギン)」と言うプログラミングアプリをむすめが始めた話を記述しました。

むすめも何かに飢えたように始めましたので、そんなにやりたがったのでしょう。

むすこはあくまでゲームプレイヤーとして、むすめはクリエイターとして、まだまだ将来はどうなるかわかりませんが、そんな事をするのが大好きな兄妹です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました