スポンサーリンク

むすこ。パンを自分でこねて焼く

ジャぱん2号こねディスレクシア
スポンサーリンク

小5むすこが「もう一回自由研究する。パン作りをしたい!」と言い出しました。

自由研究なんか、誰が好きで2回もやるんだ。めんどくせーな。。。と思いましたが。

むすこの熱意に負けました。やります。お手伝いさせていただきます。

それは、NETFLIXで配信が始まったいにしえのアニメ「焼きたて!!ジャぱん」の影響です。

焼きたて!! ジャぱん | Netflix
パン作りに適した温かい手と常識にとらわれないアイデアを持つ少年・和馬が、日本らしい"ジャぱん"を創るという夢をかなえるため、強敵や困難に立ち向かう!

このアニメで「ジャぱん2号」と言う炊飯器で作るパンが出てきます。

アニメで解説してくれるので、これなら自分で作れると思ったのでしょう。

「おとうちゃん、ここに材料書くから買ってきて!」

ホワイトボードに自分で書いた材料がこれ。

「ジャぱん」の「ジ」が「ヅ」になっていたり「バタ」で止まっていたりするのは、彼の特性なのでご容赦ください。

でも、意味わかるし、「食塩」とか「g」とかきちんと書いていてエライでしょ。

スポンサーリンク

「全部自分でパン作る!」

冒頭、「めんどくせー」なんて言ってごめんなさい。

本人は、「自分で」作ることにやる気満々でした。

  • 自分で材料を測る
  • 自分で材料を混ぜる
  • 自分で材料をこねる
  • 自分でバターを練りこむ
  • 自分でこねる
  • 炊飯器に入れる

一番大変なことを全部やってくれました。

 

途中、ドライイーストのせいか「あったたくなってきた!」とか「だんだんネバネバが無くなってきたよ」と変化に気付いていました。

「おれは太陽の手だからな」とアニメの主人公になった気でがんばりました。

発酵~焼き

それから2回の発酵と3回の焼きを入れてできあがりです。

それぞれ、1時間ずつやりましたので、合計5時間。

途中、ゲームを始めてしまって、1時間ごとに中断して炊飯器の中のパンをひっくり返したりしていました。

食べてみました。

バターが練りこんであるので、とてもいいにおいがしました。

切って、食べると「ちょっと固いけどうまい!」と言っています。

固いと言うのは、市販のふわふわしたパンしか食べたこと無いので手作りパンに慣れていないからです。それに口の中でパサパサしてしまいます。

これは仕方ない。

でも、味は気に入ったみたいで、はちみつ付けたりむすめと一緒にむしゃむしゃ食べていました。

翌日に食べた時の発見

「昨日より固くなったけど、味がよくなった!」そんな発見をしていました。

そこで市販のパンは、「販売するために、ふわふわさせたり、長持ちするように工夫するための材料が入っているのだよ。」と教えました。

「パンにするだけ(の純粋)の材料は本当は昨日の材料それだけでOKなんだよ。」とも言っておきました。

本当のパンの味を知ってもらえたかな?

まとめ

不必要な材料を除いたパンを自分で作って食べることができました。

とりあえず、問題なく焼けてよかったです。

「自由研究はどうする?」と聞いたら、

「パンはやめておく」だそうです。

なんだ!? でもいい経験をしました。

手作りパンを色々な味で楽しむむすこ。カレー粉も振りかけてました。

それより、横で見ていたむすめ。。。。「あたちもやりたい」

だそうです。そりゃそうだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました