スポンサーリンク

めだかを飼うことになりました

メダカ飼育水槽小学校
スポンサーリンク

ある日の小5のむすこ、

「おとうちゃん!めだかの卵育ててるよ学校で!生れるのたのしみだなあ」

何日か経過して、

「おとうちゃん、ぼくのだけ生まれないんだよ。。。(涙)」

それから、いよいよめだかの卵を持って帰ってきた日

「おとうちゃん、ほら、ぼくだけうまれない。。。」

「どれどれ、卵はどれ?・・・・あれ、なんか動いてない。ゴミ?」

「どうせ、ゴミだよ。。。。」

「いやいや、泳いでるいるよ」

「え!!ほんとだ、やった!!!生れた!!!おとうちゃん飼うこれ。」

嫌な予感はしますが、飼い方もよくわからないですが、あんなに喜んでいるので飼う事にしました。

孵化した翌日の朝のめだか。
一晩で大きくなってます。
スポンサーリンク

飼い方がわからん

メダカは最近自然の川でも見ないと聞いています。

ぼくは、少年時代にその辺の川に普通に見かけたものや、

他には、妻の実家の軒先で大きい甕の中に自然に住み着いたものぐらいしか見た事がありません。

それを家庭で買うなんて、、、、金魚は飼ったことあるからそれと一緒だろうと安易に考えています。

本当にそれで良いのだろうか?

取り敢えず、今いる1匹を成魚にするのが目標です。それで、近所のペットショップに売っていると調べがついているので、2,3匹調達してこようと思います。

オスかメスかの判断はむすこが知ってるのでそれで聞いておきます。

水槽を買ったよ。

Amazonで水槽を買いました。

どこまでの付属品が入っているかわからないので、とりあえず取り寄せ。

「テトラ 静かなメダカ飼育セット」と言う品物です。

これだけのものが入っていました。水つくりの液体とえさは試供品だけど、まだ稚魚なのでそんなにたくさんはいらんでしょう。必要があれば同じものを購入しようと思います。

他に必要なものというと、水草と下に敷き詰める砂利。これだけそろえればとりあえずできあがりだべ。

たぶん、100円ショップ探せばある程度のものが揃うと思うんですが、近所のダイソーってやたら混んでいて、ダイソーの中でも品揃えがかなり豊富であるがために、目移りしてしまうのと、広くて歩き回るのと人混みで嫌いなんですよねー。
むすめが好きだから行かざるを得ないですけどね。

そう考えるとアマゾンってすごく便利。

水草を通販で買ったの初めてです。

ビニールに入れてちょっと湿らせたものがネコポスで届きました。

あれで良いんだ。すごいな。

メダカを水槽に投入

メダカの稚魚は2,3日は卵を腹に抱えたままなので、そこから栄養を取るので餌を上げる必要ありません。

その間、水槽の環境づくりです。

届いた砂利と水槽を洗って、水槽に砂利と水草をセットして水を入れます。

それで、水漏れが無いかとポンプが動作するかどうか確認しました。

水槽には5L水を入れたので、添付の水つくりの液体を小さじ1杯入れて、2日程置いておきました。

そして、メダカ投入です。

セットした水槽です。

メダカがどこ行ったかわからん。。。。

水草を盛大に入れたせいか、稚魚であるメダカの生存確認が難しくなってしまいました。

エサは意外にたくさん食べるし、食べ残しのエサは水を含み過ぎると食べません。

そんな感じなので、かなりの頻度でこまめにエサをやらないといけません。

その度に生存確認をしていますが、目が劣化していることに加えて、半透明な稚魚ですので中々みつけるのが難しい。

たまたま、上にいて泳いでいるのを確認するとうれしくなります。

メダカの稚魚 ピンボケですが、わかりますか?

むすこ名前をつける

むすめと一緒に育てる!と言ってるむすこです。

最初に名前を付けていました。

その名も「おそくん」。

なんだろうと思ったら、「遅く生まれたから、「おそくん」」だそうです。

安易だなぁ。。。。

でも、センスはあると思いました。としておきます。

まとめ

こんな感じで、メダカを飼う事になりました。

既にメダカの飼育は、ほとんどぼくのワンオペで進めています。

この他に、魚とは言え日光に当てた方が病気もしにくく、虫も付きにくくなりますので、日中はベランダに出しています。

人間と一緒ですね。

あ、ちなみになんで学校でメダカをわざわざ卵から孵化させようとしたのかと言いますと、小5理科の教科書に出ていたんですね。

先生から「こんどテストがあるからね」と掲示板に書き込みをされていました。

そう言う事だったのか。。。。。

むすめ、またもや小5の勉強を先取りです。

教科書 たのしい理科5年生(大日本図書)
確かにたのしそうな教科書です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました