スポンサーリンク

今年のむすこむすめのお年玉は「現金書留」で来た!

日常
スポンサーリンク

さすがに帰省できない年末年始です。

都内なんか住んでいると、実家近くの妹に「そっちは大変でしょ!みんな大丈夫??」なんて電話で言われてしまいました。

自分だって、都内からそれほどと言うか隣接しているところに住んでいる癖に、都内はもうウィルスが蔓延していて、道端で人がバタバタ倒れているような印象があるみたいで、笑ってしまいます。

いわれのない容疑をかけられているような気持ちです。

実家に住んでいるぼくの老母も元気な人ですが、歳も歳ですし、母より元気なうちのこどもらを連れて行って万一と言うこともあるので、地理的には遠くはありませんが、うちの実家に行くのもやめようと言うことにしました。

父は2年前に死んでしまったので、今は海がきれいによく見えるところでずーっと寝ています。
その海を見がてらお参りに行くのもいいかなとも思いますが、そこに行ったら近くに実家にも寄らないわけにはいけませんので、お墓参りも自粛することにしました。

父は逃げも隠れもしないので、管理人さんにお任せして、生きている人間の命を守るべく行動でいようと思います。

スポンサーリンク

お年玉

むすこが正月前に「今年は、コロナのせいでお年玉がもらえない。。。。」と寂しそうでした。

うししし、でも来ていたのだよ。

久しぶりに見た「現金書留」

うちの母から送ってきた、むすこ、むすめ宛てのお年玉は「現金書留」で送ってきました。

ぼくの母から送ってきた現金書留。中身はむすこむすめ宛てのお年玉。

うちは、ぼくの仕事柄、よく書留やレターパック等の手渡し郵便は来るのですが、「現金書留」が来ることって初めてじゃないかな?

振込もちゃんとできるおばあちゃんですが、ポチ袋の事もあるのでこれで送ってくれたのでしょう。

なんだか、アナクロな感じがして、笑ってしまいました。

妻の実家からも来たのでポチ袋は4通。うちの母からは鹿児島銀行のポチ袋で来たのも良い感じです。

お年玉はあきらめていたむすこ

「コロナのせいだ。。。」と嘆いていたむすこは、

このポチ袋を貰って大喜び。

何買おうかな???

金額は内緒ですが、使いたい金額だキープしてもらって、残りは貯金に回すことにしました。

むすめは今のところあまりお金には執着していないので、全部そのまま妻に自分から預けました。

しかし、こどもはお金持ちだな。

まとめ

よく考えてみると、妻の実家もぼくの実家も行ったのは去年の年末年始でした。

実家近くに住む、20歳の甥っ子や妹を連れてららぽーとに行ったことも、もう1年が過ぎてしまったと言う事になります。

こりゃ、うちの親も妻のご両親も寂しがりますね。

久しぶりに年末年始はうちで過ごすことになっていますが、掃除をしたり、ごはんを普通に作ったりして、ウィークデイと全く変わらない生活習慣で年が明けた気が全くしない、今年のお正月です。

これも、またいいかな?

せっかくだから何か福袋でも買うかな?(無駄遣い)

コメント

タイトルとURLをコピーしました