むすめに買ってあげた本の紹介:「なぜ?どうして?かがくのお話1年生」 他2冊の紹介

読書
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

小学校の長い休み時間

  • 中休み:2時間目と3時間目の間に20分
  • 昼休み:給食後

と2回、少し長めの休み時間があります。
この休み時間は校庭に出て外で遊べる時間なのですが、学校の方も密を気にして、校庭を使う時間を学年毎に分けています。
その休み時間に校庭に出れない時間は読書の時間としています。
でも、図書館は本を共用しては、ウィルス感染につながる可能性を考えて使えません。それで、小1のむすめも、小4むすこと同じで家から本を持って行ってます。

6月に小1むすめに買ってやった本の紹介です。

むすめに買ってあげた本
読み物はこの3冊、あと手芸の雑誌。
スポンサーリンク

今回は3冊

まだ、全部読み終えてはいませんが、今回はとりあえず3冊。

1冊目:なぜ?どうして?かがくのお話1年生(父チョイス)

ぼくも昔むすめの頃に読んだ「ひみつシリーズ」みたいな本で虫、動物、植物等の生き物が好きが興味持てそうな本を探しました。

それで、分からないので評価の高いものでこれを選びました。

本から得た知識で、雨はどうして降るのかとか、カメレオンの色の事とか、よく教えてくれます。

ちゃんと読んでくれるとうれしいですね。

なぜ?どうして?かがくのお話1年生 (よみとく10分)
累計520万部! 大人気シリーズの改訂版。 「あくびは どうして 出るの」「?バナナに たねは あるの」「?にじは どうして できるの」?などなど、1年生に身近な「ぎもん」、科学の「ふしぎ」に出会える36話を収録。 巻頭には、写真やイラストを見ながら「ふしぎだな」「どうしてなのかな」と思う心を育てる特集ページ「ウサギの...

2冊目:10分で読める伝記 1年生(父チョイス)

こっちは、前述の本に興味を持ってもらえなかったらと思って抑えで一緒に購入しました。Amazonの評価がよかったのと、表紙が今の千円札で、一節一節が短いと言うのも決めてでした。

この本も良く読んでくれてるみたいで、ヘレンケラー、モーツァルト、ナイチンゲール等、初めて聞く名前の人物の感想も教えてくれます。

この本もあたりのようでした。

10分で読める伝記 1年生 (よみとく10分)
累計520万部突破の大人気シリーズ増補改訂版! 読んで“とく"する、どんどん読み“解く" 「よみとく10分」シリーズ 1年生だからこそ読んでおきたい10人の伝記を収録。 さまざまな偉人の代表エピソード・功績が楽しく読めて、世界が広がる1冊です。 ラインナップはそのままに、さらに読みやすくなりました。新学習指導要領に対応...

3冊目:ふしぎの国のアリス (10歳までに読みたい世界名作)

全部、ぼくが選んでしまうのもどうかと思ったので、この本は本屋さんに一緒言ってむすめが選んだ本です。ほぼジャケ買いです。

これは、今はまだ、手つかずの本です。

読むことを楽しみにしているようですが、アリスは確かイギリスのしきたりや難解な描写があったりしますので、そこのところをどう小学生用に書き直しているか?そこがちょっと気になります。

難しければ、無理せず休止させて、ディズニーのDVDでも見せてあげようと思います。

ふしぎの国のアリス (10歳までに読みたい世界名作)
ふしぎの国のアリス (10歳までに読みたい世界名作)
ふしぎの国のアリス (1951) (吹替版)
退屈な昼下がり、アリスは大忙しで走っていく服を来た白うさぎを追いかけるうち、深い穴に落ちてしまい…なんとも奇妙な世界に迷い込んでしまいます。自分の体は伸び縮み、美しい花たちは歌いだし、“お誕生日じゃない日”をお祝いし、おかしなことばかり起こります。双子のディーとダム、チェシャ猫、マッドハッター、ハートの女王など風変わり...
スポンサーリンク

まとめ

むすめの方は、字が多い本でも、どんどん読み進めて理解しているようです。

お誕生日プレゼントでも欲しいものの他に、本も何冊かプレゼントしてあげようと思います。

気に入る本を選んであげられるかちょっとドキドキします。

また、うちの周りも本屋さんがまた1軒無くなりました。
大人はAmazonで良いと思いますが、子ども、学生達は自分に合った本を自分で選びたい人がほとんどでは?
そんなことから、本屋さんはまだまだ潰れないで残っていて欲しいと願う今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました