スポンサーリンク

ディスレクシアむすこ。夏休みももうすぐ終わりだぞ!二転三転する、読書宿題対策。

ディスレクシア
スポンサーリンク

今年の夏休みは短いけど、遠出はどこにも行けず。

むすこのともだちもみんな帰省をすることも無いようで、

毎日、午前中はプール、午後から外遊び、夜はフォートナイト。
土日はサッカーと全く家にいない夏休みです。

捕まえるのが大変です。

宿題はドリルは終わってますが、案の定読書の宿題が残っています。

もうやらなくていいよ。なんて思っていますが、そう言うと「やる!」と言います。

やらないのは許せない性格なむすこです。

もう、夏休みの宿題なんか出さないでくれ!文科省に大声で言ってやりたいです。

やりたい子だけやればいいんだよ。。。ごにょごにょ

スポンサーリンク

残っている夏休みの宿題

やっぱり残った読書系の宿題

  • 読書感想文要点まとめシート(本文は学校で書きます)
  • 読書記録(5冊以上読む)

これが、残ってる読書系の宿題です。

読書感想文要点まとめシート」は、自分で1年がかりで読んでいる本にすると言っているので書くだけです。

読書記録(5冊以上読む)」はこの短期間で5冊も読むのは不可能ですので、最初は「本+読み聞かせ」と「映画」と思っていましたが、まじめに聞かないので「読み聞かせ」はやめて「動画」にしました。

それで、この2本立てで行くことにしました。

  1. 本+読み聞かせ動画(NHK for school) 3つぐらい
  2. 映画(本が売ってるもの) 2つぐらい

映画はだめだった。。。。

映画はとりあえずこの3本を見せました。

  1. ペンギンハイウェイ
  2. サマーウォーズ
  3. おおかみこどもの雨と雪

「ペンギンハイウェイ」はおとなしくじーっと最後まで見てくれましたが、「サマーウォーズ」と「おおかみこどもの雨と雪」を見ている時に1時間ぐらい経ってきて「これいつ終わる?」「あと、何分で終わる?」と始まりました。見ていてしんどい様子です。

こうなったらもうだめです。

彼の場合、動きが無かったり、情緒的なものが共感できるようなことが少ない題材のものだと、まだまだ集中して見続けるのは難しいようです。

おもしろいのになあ、むすめは面白かったみたいで、じーっと黙ってみていました。

 

素朴な疑問なのですが、
日本の映画ってアニメに限らず、どうしてセリフが少ないんだろ?
テレビドラマだとそんなことないのに?
芸術観出そうとしてるのかな?

行間を読めってことかな??そんなのこどもには難しいですよね。
今度、知り合いの映画監督にストレートに聞いてみよう。

 

やっぱり頼みは「NHK for School」かな

「走れメロス」を見るむすこ

読み聞かせをしようとうちで用意した本の中で、NHK for Schoolにあったものの動画を見せました。

冒頭の通り、なかなか捕まえられないので朝ごはんを食べながらです。

  1. 走れメロス(おはなしのくに)
  2. くもの糸(こどもにんぎょう劇場セレクション)

どちらも、短編です。動画は15分です。

つまらないも何も言う前に終わりました。

いっしょに、むすめも見てくれました、しかもむすめはこの後繰り返し見ています。

集中してみてくれましたので、これなら行ける!かも。です。

ちょっと幼児・低学年向けな番組ですが、物語なんか全く知らないでここまで来ているむすこ。

親から押しつけ本の代替としてこのあたりから見せていこうかなと思います。

あと、夏休みはあと2本ぐらい。

これで、「読書記録(5冊以上読む)」宿題はこなしていこうと思います。

おはなしのくに [国語 幼保・小1~3] | NHK for School
【日本や世界の名作を、語り手が一人芝居で演じます!】放送開始30 年目を迎える『おはなしのくに』は、“ 読み聞かせ” や“ 読書指導” に最適な朗読番組です。日本の昔話や世界の童話を、一流の語り手が表情豊かに語り、読み聞かせてくれます。登場人物や情景をイメージしやすくするために一人芝居や挿絵も盛り込み、子どもたちを物語...
こどもにんぎょう劇場セレクション [その他 幼保・小学校1・2年生] | NHK for School
【物語が豊かな感性と想像力を養います】子どもたちの豊かな感性を掘り起こし、健やかな想像力を育む『こどもにんぎょう劇場』。これまでに放送したお話の中から、保育者のみなさんのご要望に応えて、古今東西の民話などをセレクトしてお届けします。

まとめ

いつも、NETFLIXアニメを自分でみつけて見ているので、映画は大丈夫かと思いましたが、やはり親から押し付けるものはだめですね。

ぼくもそういえば、親が買ってきて「これぐらい読みなさい」と言われて渡された本を読まなかった訳ではなかったですが、読んでいてあまり良い気分はありませんでした。

ましてや読書感想文用の課題図書なんて1回ぐらいしか読んだ記憶がありません。

だったら、宿題用の本を自分で見つけてくれるようなことをしてくれれば苦労しないのに。。。。と思ってしまうのですが、無理ですね。

そもそも、字を読むのが不自由なんですもんね。

今は動画が充実しているので、良い時代ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました