スポンサーリンク

ディスレクシア小4男子、この休業中のゲームとの付き合い方

ゲーム
スポンサーリンク

朝、Eテレ7時台の番組が終わるとテレビを消して始めるのが、

兄・・・・すらら

妹・・・・Z会 小学生向け講座のタブレット講座

仲良く、並んでやり始めるのはいいのですが、やはり妹はお兄ちゃんの「すらら」が気になって、覗きます。覗き込んだあとに自分のものに取り掛かります。

二人、レベルの差はありますが、良いペースが出来てきて通信講座を検討してきてよかったと思いました。

スポンサーリンク

フォートナイト

父である、ぼくはゲーム好きなのですが、フォートナイトやPUBG等のバトルロワイヤル系のものはあまり好きではないので、やったことありません。

無料だし、手を出しやすいと思うのですが、いくら全世界で取り組まれているゲームとは言え、なんでEpic Games社がフォートナイトで18億ドルも売上が上がっているのもよくわかりませんでした。

なので、どんな課金で儲かっているのか、あと知らないものをむすこにやらせていてはいけないと思いましたので、ものは試しとむすこの静かな要求に応じて、初めての課金をしてみました!

はじめてのバトルパス購入

「「ニャッスル」のスキンがほしい。。。。」とつぶやかれました。

強くねだられるよりも、静かなつぶやきの方が親にとっては効果が高いです。

気になります。

「ところでニャッスルってなんだ?」からはじまり、こどもが寝静まってから親の調査が開始されました。

「ニャッスルスキンを買うのか?」とか色々調べたのですが、スキン販売ではそんなものは出てきません。

ウェブで調べても具体的なものは見つけられません。

調べていくと、どうやら今行われている「チャプター2シーズン2」のバトルパスと言うものを購入(980V-Bucks ニンテンドーだと1000円(税抜)からの課金)すると、レベル達成報酬(60レベル)としてもらえるものと分かりました。

まあ、これでむすこのモチベーションも上がれば1000円なんて安いもんかと思って夜中のうちに購入しといてあげました。

V-Bucks購入画面。My Nintendo Storeウェブ画面より

知らずにフォートナイトを立ち上げると。。。

朝、知らずにNINTENDO Switchのフォートナイトを立ち上げるむすこ。

そして、様子がおかしいと気付いた後にニヤニヤ顔になってきました。

「バトルパスありがとう!」

喜んでくれました!!

このバトルパス購入時点で、すでに65レベルを達成していたので「ニャッスル」をあっさり手に入れていました。

これで、周りの友達、先輩、後輩、大人構わず、フレンドに引き入れ、親は各みなさま方にひんしゅくを買っていないか、軽く心配しておりますが。そんな事はお構い無しにバトルに繰り出すむすこです。

右から2人目が「ニャッスル」フォートナイトウェブサイトより
「オシャレにキメろ」って言われてもねー

休業中のゲーム時間

switchは健康等を考慮していちお時間制限しています。

(最高)2時間です! (長いでしょうか???)

バトル開始時間は、雨が降らない場合は外遊びがメインですので、夜の7時~7時半ぐらいに始まって、お風呂に入るまでです。

なので、2時間はやってません。長くて1時間半ぐらいです。

バトルパス、条件付きで購入することに

さて、さすがにタダでは購入しません。

その条件として、

  • すららを毎日やること(国語と算数は必須)
  • 音読と漢字を毎日すること

この条件を付きつけました。

有頂天のむすこは、あっさり承諾。

その代わり、これがずーっと続けば次のシーズンが始まったら、バトルパスはすぐ購入してやると言う事にしました。

もう、すでに100レベルを超えていた。
今のお気に入りスキンはデッドプール

まとめ

勉強と遊びとフォートナイトとサッカー

忙しいですが、それぞれ健康を害さない程度に一生懸命やってもらえれば何をやってもいいと言うのがうちの方針です。

ですのでこの休業中は、気が狂いそうな(ていうか気が狂いました)つまんない大量の課題が出ていますが、そんなことを気にさせたら、せっかくの良いところも潰れてしまうと思います。

そんな課題はぼくと妻が手伝ってほぼ完成させました。

こんな、休業はこの先ないでしょう。

それぞれ思いっきりやってもらって、これからの人間形成に役立ってくれればいいかなと思っています。

そんなことがうちの方針です。

甘いでしょうか?

フォートナイト – バトルロイヤルなどが楽しめる無料プレイゲーム
フォートナイトはバトルロイヤルなど数々のゲームモードが楽しめる無料プレイのゲームです。フレンドとゆったりとコンサートや映画を楽しんだり、自分だけの島を築き上げたり、最後の1人になるまで戦い抜いたりと多くの楽しみ方があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました