「RISU」タブレットはきちんと進めるむすめ

ICT
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

小3凸凹むすめ。

冬休みの宿題は、むすこ同様「書き初め」のみでした。

でも、彼女は違いました。

むすこの方は完全に学習拒否でしたが、むすめは「RISU」タブレットだけはきちんとやっていました。

それは新学期がはじまってからも変わりません。

スポンサーリンク

3学期が始まって、宿題を舐めてるむすめ。

新学期がはじまってから、またドリルが配られて算数と漢字の宿題が出ています。

むすこの場合は「嫌なもの」はできるだけ、先に片づけて後は楽しむ考えのようです。

むすめがむすこと違うのは、もう大体の事は学校で覚えて来ているので「わざわざ宿題でやらなくていい」と舐めた考えを持っていることです。

ランドセルにはいちお、宿題ドリルだけは持って帰ってきています。

そもそも舐めているので、ぼくがGoogleクラスルームの連絡帳をチェックするまで、宿題を広げることは半々です。

「宿題出てるけどもうやってある?」と聞くと

「ある~、あとでやる。」

それで、ぼくが寝る直前にやるもんですから、眠くて仕方ない中、丸付けをしないといけません。

「だからね~、先にやっちゃってよ。」と言いたいところですが、何せ超マイペースで進めたい彼女ですので、あまりうるさく言うとへそを曲げてしまいます。

宿題は何が出ているのかは全部覚えていて、自分でも気にしているようですので、言う必要も無いんですがね。

自分のやりたい事優先なので、中々ぼくのライフスタイルと歩調を合わせる事は難しいのです。

最近は「おとうちゃん、遅くなってごめんねー。丸付けて」とは言ってきます。分かっているのなら先にやってくれればと思うのですが、そう言った思いやりも日々、眠いポンコツおとうちゃんを見て学んでくれれば良いな。。。。

子育ては忍耐です。まだまだ続きます。

スポンサーリンク

RISUタブレットはきちんとやっています。

分数はおもしろい??

RISUタブレットスタート画面。画面に映っているキャラクターがかわいいのも気に入っているようです。

そんなむすめですが、先月からはじめている前述の「RISU」タブレットだけは定期的に進めています。

週2回、算数のみですが、早すぎず遅すぎず。

レベルもむすめに合っているようで嫌がらずに取り組んでいます。

算数をパズルのように見えるようなので、頭の体操程度にちょうど良いと思っているようです。

むすめは「塾に行くぐらいならタブレット学習が良い」と言っているので合っているのかもしれません。

続けてくれて、やっててよかったねと言われるようになればいいですね。

今、分数に入ったようで。

「おとうちゃん、分数っておもしろいね。」とボソッと言ってきました。

むすこの時の分数

むすこの4年生時は、分数の概念が学習では理解が出来なくて、NHK for schoolの「さんすう犬ワン」を何度も見返したり、ドミノピザを切り、ファミレス行ってデザートやピザを切らせたり、豆腐を切ってもらっても中々理解してもらえませんでした。

5年生ぐらいになって、自分で概念を掴めるようになったみたいです。おぼろげにですけど。

6年生になって概念がわかってきたみたいです。

学習で覚えたと言うより、日常生活や遊びの中の事で「なんかやった!」と思い出しながら覚えてきているようです。

勉強は嫌いだけど、負けず嫌いもあるので、わからなかった事が頭から離れないみたいですね。

それじゃ疲れないかな?

思い切り遊べないこともあるかもしれません。

そうだとしたらちょっとかわいそうですね。

さんすう犬ワン | NHK for School
街のお困りごとを“ 算数” で解決しよう!
通常学級で役立つ 算数障害の理解と指導法―みんなをつまずかせない! すぐに使える! アイディア48 (学研のヒューマンケアブックス)
学習障害には、「読み障害」「書き障害」「算数障害」が ありますが、本書では「算数障害」について理解して、 子どもにわかりやすく算数を教えることができます。 1)クラスで困っている子に気づく、チェクリストつき! 算数障害のある子の特徴は、計算ミスが多い、または 文章題ができないというものなので、「算数が苦手・嫌 いな子」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました