コロナ陽性医師の診察

新型コロナウイルス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっと間が空きましたが、コロナ陽性時の話です。陽性ほぼ確定翌日の話です。

自宅で抗原検査キットの使用で「陽性」とでましたので、いちお医師の診断にいきました。

今はどこもお医者さんはキャパがいっぱいですし、感染防止のために予約制を取っているところがほとんどです。

朝7時から予約開始なのはいいですけど、ぼくみたいに比較的元気なら可能ですが、辛い人には至難の業でしょう。

いつものかかりつけ医は「発熱外来はやっていません!」と冷たく言われているので、仕方なく歩いて行ける範囲で、発熱相談センターでご紹介を受けたお医者殿から選びました。

そのお医者殿は、完全に発熱のみに分けた時間に診察をしてくれました。

大体、15人ぐらいいたと思います。

診察室に入って持参した家で使用した抗原検査キットを見せると「あ、これうちでつかってるのといっしょです。」と見るなり「陽性確定ですねー」と宣告されました。

終わって会計前で待っていると、無料。

あ~、支払無しで帰って行く人は、みんな「陽性」なんだーと、妙な仲間意識を感じてしまいました。

お薬も、おなじみのカロナールや喉の炎症を引く薬を処方してくれましたが、薬屋さんには入っていけないので、バイク便で夕方に届けてくれました。

なんか、バイク便なんてすごい。会社員の頃に「データをバイク便でMOを送るね」なんて代理店の人に言っていたのを思い出します。そのお金も税金からと思うとちょっと複雑になりました。

久しぶりにMOの事を思い出しました。今も使われてる??

家に帰ったら、その薬局や保健所から電話。

元気と言っても、多少は倦怠感があります。

うとうとするころの限って電話が鳴ります。

特に保健所さんの聞き取り。頭が回っていないのに、色々聞き取り調査がありました。

パルスオキシメーター

医者も言ってましたが、重症化リスクがある人間なので「パルスオキシメーター」を借りて毎日測って、HER-SYSに登録せよと言うご指示。

「あ~わかりました、わかりました。」

HER-SYS自体は妻が登録してくれていたので、自分のIDを入れてぼく個人の情報ページを作りました。

あとは「パルスオキシメーター」これは電話で妻がお願いしてくれました。

でも、到着まで2~3日だとさ。

この日でさえ元気だったのに。

届くころには、もうほとんど症状ないでしょう。

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS):
新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS):Health Center Real-time information-sharing System on COVID-19を掲載しています。
新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム
新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム
ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
新型コロナウイルス
スポンサーリンク
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました