小3むすめの「特支教室」見送りと諸々の話。

WISC‐Ⅳ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

小3むすめの調子が目に見えてよくなってきました。

3年生のなって、2回ぐらいは1人で学校に行きましたが、その後は「一緒について来て」と言うので、登校の時だけ一緒に行っています。

一緒に学校について行かないと行けなくなったのは、過去にブログで記述した通り、小2の頃の担任に謂れの無い言いがかりをつけられ、担任、学校に恐怖心が出てきてしまった事からです。

小3むすめのトラウマ
むすめ、異動してきた先生が去年の担任と同じ髪型をしていると、怖がっていました。大丈夫。中身は違うんだよ。それだけ、去年の事は思い出しくないみたいです。

4月~GW前までは、一緒に行っても口を聞くこともなく「まだ学校が怖いのかな?」と思っていました。それでも、意地で学校へは出かけて行っていました。

GW後からでしょうか?お話をしながらいけるようになりました。

途中、ともだちに「〇〇ちゃん!」と声掛けられることがあります。

声を掛けられてもまだ朝は調子が出ないのか、あまり反応は薄いです。

1年生の頃は一緒にうれしそうに走っていったりしていたのですが、、、、、

それでも、ともだちと一緒に並んで行けるようになりました。

徐々にですが、彼女なりに復活しつつあるように思えます。

スポンサーリンク

「特支教室」の見送りの話

むすめ算数プリント

前にtwitterに記述しましたが、去年の12月wisc結果が凸凹な事から、「特支教室」を申し込んでいましたが、今年1年間は見送る事になりました。

理由としては、

  • 学校での気分のムラが解消されつつある。
  • 授業態度も悪くない(寝たり、野次を飛ばす事は無い)
  • 成績も問題無い
  • ともだちとトラブルは全くなく、むしろみんなと仲良くやっている。

そんな事から、担任、SC、副校長、特支教室担当と会議をしてそう決定したそうです。

担任の本音は、現担任が隣の小学校で「特支学級」経験が長いと言う事から、調子を戻しつつあるむすめのような凸凹児を普通教室でケアして行きたい希望がある。

とのことでした。一番近い現担任にしっかり見ていただけるとは本当にありがたいです。

先生には、凸凹特性には変わりないし、変に高IQでやりにくいと思いますが、引き続きお願いしたいと思います。

反対に、前担任のむすめへの攻撃からくる不安定な心の特性を疑い、お医者殿のところでwiscまで受けたあれはなんだったんだ?

結局、前担任がせめて「普通」の教員であれば、むすめの事を疑う事もなく平穏に行けたのではないかと思うのであります。

関わる大人によって、負担を掛けてしまった事で、むすめには本当に嫌な思いをさせて申し訳ないことをしました。

スポンサーリンク

ドリル(反復)練習もきちんとやっています。

宿題もきちんとやっています。

相変わらず、ながら勉強ですが漢字の書き取りドリルに癇癪をおこすことが無くなりました。

むすめのながら勉強用ヘッドフォン選び
むすめのながら学習用のヘッドホンを買いました。むすめの小さい耳にはおとな用のイヤフォンじゃちょっときつかったそうです。

「無理だったら、飛ばして良いからね」と言っていますが、丁寧にやっています。

先生にも「反復練習が厳しい」とお伝えしてありますので、日付を入れてないからとか、フリガナ振って無いからとか、つまねー事でイチイチ注意されることもありません。

その代わり、かなり丁寧に集中していますので、毎日「花丸」です。

花丸の基準はなんなかわかりませんが、少なくともむすめはうれしいようです。

「ねーねー、おとうちゃん見て。また花丸もらったよ。」

「よかったね」

あんたが、漢字ドリルで笑顔を見せる日が来るとは思わなかったよ。

スポンサーリンク

コナン君

むすこが、コナン君の映画を見に行ったので、ぼくも見てみようと思ってコナン君をNETFLIXで見始めました。

名探偵コナン | Netflix
謎の組織に毒薬を飲まされ、小学生の姿になった高校生探偵・工藤新一。正体を隠して組織の行方を追うために、江戸川コナンと名乗り、数々の事件を解決してゆく。

ぼくの、横で見ていたむすめ。自分も見始めました。

このようなパズル的な謎解き話は大好きなので、ハマりました。

自由時間はずーっとコナン君を見ています。繰り返し見ています。

もう、他の事は忘れて見ています。すごい集中力です。

しかも、お話を良く覚えていて、いちいちその話に付き合わされます。

でも、ぼくは現実を忘れさせてくれるのは良い傾向だと感じています。

コナン君の話はよくしますが、反対にトラウマになっている前の担任の話を少しづつしなくなってきました。

また、何かの拍子で過去の嫌な事を思い出すことがあるかもしれませんが、それ以上に楽しい事があるとこのような動画等を通して過去の事を消し去って欲しいものです。

担任の先生も、学校でも楽しそうと言うことですしね。

無理せず、成長して欲しいものです。

スポンサーリンク

まとめ

「特支教室」は今年は見送りになったことを中心に記述いたしました。

そう言えば、6月に運動会があるそうです。

今年は、低学年、中学年、高学年と3つに分けて行います。

なかなか全校運動会は難しい模様です。

あれ、むすめはどのクラス?

「3年だから、中学年だよ」

「えー、もう〇〇ちゃん(むすめ)中学年!!」

「お兄ちゃんは、6才(6年)だよ。」

「あ。そうだね、お兄ちゃんのチェッコリ玉入れ、また見たいね」(笑)

かつて運動会で、かわいいチェッコリダンスから玉入れにパッと猛ダッシュしていたむすこ。

かわいさと勇ましさが同居してて、見ているこっちもスカッとしてよかったよな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました