スポンサーリンク

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を見に行ったよ

日常
スポンサーリンク

仲良しのともだちも今話題の表題の映画をほぼほぼ見に行ったらしくて、見に行きたくてうずうずしてきたむすこ。

(我慢しなくていいのになあ)「見に行く?」と聞くと。

堰を切ったように「行く!!!」と一言。

「じゃあ、予約なしでも入れると思うけど、みんな(家族)で行くから予約するね」と言うと、にっこり。

先日、あれだけ「知ってるから行かないよ」とやせ我慢をしていたむすこと家族全員で久々に映画を見に行ってきました。

 

スポンサーリンク

予約取ったよ

そう伝えると、むすこもむすめも大喜び。

その代わり土曜日だからサッカー練習終わって午後夕方近くの回にしました。

 

むすめが一番ノリノリ

小1のむすめが一番喜んでいました。

話を聞くと、むすめのクラスもほとんど見に行っていて、この歳なんで先のストーリーも言ってしまう子もいるらしい。

「言わないでー」と言ったらしいですがしっかり話は聞いてきたそうです。

わたし、コスプレする。

何?そこまでするんかい??

まさか、竹か竹輪でも口に咥えていくのか?と思ったのですが、

一生懸命、行く前の時間を利用してアクセサリーを作っていました。

むすめが作った、鬼滅の刃映画用のアクセサリ。

紙に禰豆子の着物の模様である「麻の葉」とカナヲさんの「蝶」の絵を描いて切り抜いて髪留めにしました。

ちょっと前にtwitterで、ご紹介しましたがこんな感じにしていました。

むすめは、いつもこんなものを手作りで沢山作っています。

作るのは良いですが、全く片づけをしません。

この時も、ハサミやセロテープが出しっぱなしでぼくが片づけて出かけました。

大物です。

さて映画。

え?泣いてるぞ

映画の内容は言いませんが、

むすこ、むすめ両方とも、映画を半分も過ぎた頃から鼻をすすっています。目をこすっています。

(う、、、泣いてるぞ、この二人)

内容について、色々言う大人がいますが、少なくともうちの小学生二人にはツボにハマったようです。

おもしろい場面では笑って、自分で可哀そうと思うところでは涙して、それぞれ映画の中に入り込んでいるようでした。

時間にして、約2時間。最初の予告編が長い!と文句言ってましたが、あっと言う間だったようです。

よくがんばりました。

どこがおもしろかった?

こどもに聞くのは野暮な質問です。もちろん「全部」と言っていました。

ただ、むすこは、主人公の一番下の弟が「お兄ちゃん行かないで!」と主人公を追いかけるシーンがあって、それを自分に置き換えてしまって、「おとうちゃんがどこか行ったらやだな」と思って悲しくなってしまったそうです。

まだまだ、そんな歳です。ついてあげられるだけついてあげようと思いました。

むすこ・むすめが共通して印象に残っているのは最後のところだそうです。

 

今までポケモンとかディズニーとか行きましたが、ちょっぴり成長してそれとは違う二人とも何かを思うところがあったみたいで、連れて行って良かったと思いました。

 

帰ってきてから大変です。

むすこは、これまでも記述してきましたが、聞いたことはすぐ覚えてきますので、セリフを言いまくっています。

「素晴らしい提案をしよう~」
(しかもポーズ付きで 怖いものも楽しいものも含めてこれ以外にも色々と。。。)

妻は妻で、

「よもや、よもやだ、柱として不甲斐なし、穴があったら入りたい!」

この二人はすぐセリフとかを覚えられるようです。似てるのかもしれません。

 

むすめは、うちにあるコミックとぼくのiPadに入ってる過去のジャンプ電子版を見て、おもしろそうな場面を見つける度に「おとうちゃんこれみてみて」と言ってきます。

みんなうるさい。はしゃぎ過ぎだ!

上のむすこと妻が入っちゃってる、セリフの場面はこのアニプレックスさんのYoutube公式動画をご覧ください。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV
一昨年前あたりのジャンプ表紙この付録がよかったのよ。(表紙ぐらいなら載せても大丈夫?だめなら教えてください)

つぎは、IMAXで見たい

この日は近所のシネコンで見たのですが、ちょうど隣のスクリーンがIMAX上演でした。

それを見たむすこ「席が動くやつで見てみたい」。

(まじ?また行くの?)

他の一同またもやノリノリ

結局2週連続で見に行くことを約束してしまいました。

まぁ、いいや好きなら仕方ない。悪いことではない。

一度IMAXで見てみたかったし。

この映画が上映された頃に、「配信されるまでいいよね」で済んでいたのにいつの間にかフルコースになってしまいました。

いいか、コロナのせいでどこにも連れて行ってないし。

むすこも、むすめもがんばってくれたしこれぐらいの贅沢しても罰はあたらんでしょう。

まとめ

二人とも小学生のこの時期に出会ったコンテンツと言うのは、そうそう忘れられるものではなくかなりインパクトが後々まで残ると思います。

ぼくだって、小学生時分に読んだ漫画や特撮、アニメ、歌、ドリフとかは今でも忘れらなく、自分の個性を形成したものの一つではないかと思うぐらいです。

この作品がどうこどもたちの印象に残るかわかりませんが、見てもらって泣いたり、こんなに喜んでいるので、何かあるんだろうなと思うところがありました。

 

ぼくは、この作品は「仮面ライダー」に近いものがあって仕方がありません。

善も悪も元々人間で何かのきっかけで分かれてしまい「対決」をしなくてはいけないところが通じる気がします。

特にこれ、「555」ぼくが一番好きな仮面ライダーです。大人向けかも。
Youtubeで2話までしか見られない?

たまにAmazonPrimeで無料配信することもあります。

気になる方はどうぞ。

仮面ライダー555(ファイズ) 第01話[公式] 平成仮面ライダー20作品記念
仮面ライダー555
仮面ライダー555

コメント

タイトルとURLをコピーしました