【2023帰省】公園が羨ましい街、買い物が遠い街、車必須な街。

日常
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

冬休みは結局、コロナ明けから新幹線に乗って妻の実家に行きました。

むすこはもう中学生になるし、忙しくなるからもうあんまり行く事は無いかもしれません。

そう考えると変な話ですが、お正月にコロナに罹るよりも、クリスマス前に罹ってタイミングはよかったかもしれません。

たぶんですが、コロナが今罹りやすいのは11歳以下の「小学生」。これ絶対。

学校から家庭内に持ち込む。

なんでかって言うと、11歳以下のワクチンを打ってくれるところが少ない。

うちの小3むすめは、近所の小児科では3回目ワクチンを打ってくれないということでしたので、わざわざ電車に乗って大規模接種会場まで行かなくてはいけない。

しかも、予約取るのも大変。。。。1か月以上先になるのはザラ。

そうこうしているうちに、学校でコロナインフルが流行。

そんな感じです。

両実家の親には「もう5回目打ったぞ!」と豪語されてしまいました。

よかったね。

コロナ後の症状が無くなっても「ウィルスを排出している可能性あるので気を付けて」と医者に言われました。

そんな、見えないウィルスをいつまで排出してるか分かりません、ワクチン5回打っているとは言え免疫力低下している実家の親にうつしゃしないか心配でしたが、今のところ何も無いので大丈夫だったでしょう。

そんな状況でしたが、ここんところ急激に大きくなった孫であるむすこ、むすめを一目でも見せられて、明日への活力となってくれたなら、ぼくとしても満足だったのであります。

スポンサーリンク

妻の実家

ぼくの実家は、車で1時間もかからないところなので、いつでも行けるのでまた春休みにでも行きますが、妻の実家は静岡県内。遠江と呼ばれている地域です。

新幹線こだまで1時間半乗るので、ちょっとした小旅行です。

むすこ、むすめが赤ちゃんの頃は、うちから車で東名使って行ってたのですが、ぼくも病人(脳梗塞)の身でありますので、いけるところまで新幹線で行って、そこからカーシェアを借りて行きました。

静岡は、からっ風が強いですがここ東京よりも暖かく過ごしやすい。

柄にもなくららぽーとに行って見たり。

どこにでもあるイオンで食料品を買いに行ったり。

車であちこちしないといけませんが、移動手段を除けば日常と変わらない生活が可能です。

当地は大企業の事業所も多いので、人口が増えているようです。

今まであった丘や森を切り崩して、宅地造成をしているところも何か所かあって、働くところがあれば良いところだと思います。

それに、小さなこどももたくさん見かけました。

ただ、買い物先が2,3キロ離れているので、上記の通り車で行かないといけません。

東京は自転車が多いですが、自転車に乗っているのは中高生ぐらいです。

まだ、若い頃は良いのですが、義理両親のようにそこそこ高齢になってくると車の運転も危なくなるし、億劫になってきているようです。

イオンのようなでっかいモールも楽しいですが、それよりもコンパクトな生活圏が必須になっているのは全国共通の課題なんじゃないかな?と感じました。

義実家に50インチの大型テレビが導入されていました。

いままでも、40インチ以上のものがあったのですが、それは予備部屋に置いてありました。

「年寄りになるとな、テレビぐらいしか楽しみがないもんでな」

う~ん、、、、、気持ちは分かるけどな。

スポンサーリンク

公園が多い街

公園のひとつ

近所に徳川家康ゆかりの有名なお寺があるので、むすこ、むすめに

「初詣に行こう!」と提案したら

「やだ!公園がいい」と却下されて、義実家にお邪魔している日中はほとんど公園に行っていました。

山の上の方の公園、新幹線が通り過ぎるのが見える公園等、たくさんありました。

遊具も大型でかなり凝っていて、むすこむすめも飽きずに遊んでいました。

途中で、地元の小さい子と一緒になって遊んであげたり、さすがコミュニケーション得意なむすこたちです。

そんな公園を見てむすこが「いいなぁ」とつぶやいていました。

それは、必ず「多目的広場」または「運動場」が併設されていたことです。

もちろん、東京みたいに登録団体のみの予約制ではなく、イベントがなければ自由に遊べます。

お正月なので、凧揚げしている子もいましたし、キャッチボール、サッカーをしているおとなもいました。しかもそれほど混んでいません。

しかも、転んでも痛くない程度の芝生が張られています。

そんな公園が一つ二つではなく、いくつもあるそうです。

むすこたちなら、1日そこでサッカー練習をしていられると思います。

ちいさい頃は、公園には滑り台やブランコがあれば満足していたのですが、大きくなると視点が変わるものです。

東京で、そのような環境を作って維持管理するのは難しいですよね。

ここ東京も公園の数は決して少ないわけではないんですけどね。

何せ、人数が多いですもんね。

公園への駐車場渋滞が発生するぐらいだし。。。

そんな感じの年始を過ごすことが出来ました。

スポンサーリンク

まとめ

昨日、今日と、年始での事を記述しました。

久々、3年振りに行った、おじいちゃん、おばあちゃんちはどうだったかな?

公園でいっぱい遊んでいっぱい日光を浴びましたので、疲れましたが親も子もすっかり元気になりました。

むすこは、名物のうなぎをたくさん食べさせてもらって大満足でした。

よかったね。

ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
日常
スポンサーリンク
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました