【テキスト読み上げ】Amazon Pollyその後

ウェブアクセシビリティ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
Amazon Polly(深層学習を使用したテキスト読み上げサービス)| AWS
Amazon Polly は、高度なディープラーニング技術を使用したテキスト読み上げサービスで、人間の声のような音声を合成します。何十種類ものリアルな音声を多数の言語でサポートしているため、最適な音声を選択して、さまざまな国で音声対応アプリケーションを構築できます。
Amazon Polly

Amazon AWSのサービスのひとつである、テキスト読み上げAI「Amazon Polly」をこのブログに導入を始めたのは、2020年1月でした。

テキスト読み上げAI「Amazon Polly」を導入
字が読みずらい人に配慮して導入いたしました。これを機会にむすこ向けの副教材も作れればと思っています。

むすこdyslexiaによる読みが苦手なことがわかり、テキスト読み上げについて調べた事からでした。

将来、むすこがこのブログを読んでくれるかわかりませんが、読まないにしてもこの「Amazon Polly」を活用して、将来、ぼくがどんな事を考えていたか知ってもらえればと思った事からです。

他には、むすこと同じような特性を持っている方がこのブログを見つけていただいた時に、同様に読み上げで聴いていただければうれしいなと思い、このブログに実装しました。

当初1年(無料期間は1年です)ぐらいは、使われている様子も無いし、ブログのパフォーマンスも落ちるので2年過ぎたぐらいには実装から外そうかと思いました。

でも、ここんところ定期的に使用しただいている様子のログが入ってきます。

使ってもらっているのか?それとも遊び半分かな?と思い取り敢えず利用していただいているのでそのま「Amazon Polly」を外さないでおくことにしました。

そうしたら、Instagramの方にこんなうれしいDMが!

私も空気は読むけど字は読むのが苦手な学生時代を過ごしてきました。ICTの活用や最新の訓練法など、様々な工夫をされている姿に感銘を受けました。気がついたら夢中でブログを読み(音声化したので聞き)続けていました!
とある発達性ディスレクシア当事者の方からのDMです。一部だけ抜粋させていただきました。原文ママ。

上記、もうすこし長い文章のものですが、むすこ同様、読みが苦手なディスレクシアの方からのDMです。

本当は9月頃いただいていたのですが、Instagramはランニングの記録用にしか使ってませんでしたので、11月まで気付きませんでした。

この「音声化」と言うところを見て、自分の目的がお一人でも活用していただいていた!と知りうれしいやら、驚きやらです。

「Amazon Polly」を外さなくてよかったと思いました。

スポンサーリンク

テキスト読み上げ機能

AWSの回し者ではありませんが、「Amazon Polly」は2年前に聴いた時もそうでしたが、現在でもとても聞きやすい音声合成だとぼくは思います。

読み上げの速さもユーザーが調節できますし、ダウンロード再生も可能です。

ぼくのように個人零細ブログでも実装できますし、インターネット環境があれば読み上げ電子ブックも作成は可能です。

契約から1年以上経過か、500万文字を超えると課金が始まってしまいますが、3000文字程度で0.01USDと料金も安価です(基本料金はありません)。

料金 - Amazon Polly | AWS
Amazon Polly の料金についてご紹介します。Amazon Polly は、高度なディープラーニング技術を使用したテキスト読み上げサービスで、人間の声のような音声を合成します。何十種類ものリアルな音声を多数の言語でサポートしているため、最適な音声を選択して、さまざまな国で音声対応アプリケーションを構築できます。

2年前と違い、動画でのアバターの活用など音声合成利用分野が広がっています。

それに、読みが苦手な方に音声合成テキスト読み上げは良いツールだと思います

PDF、Wordにも実装されている等、音声読み上げ機能は身近になっています。

【音声読み上げ】Wordで久々にやってみました
Wordで読み上げ本を作ってあげようと、久々に「音声読み上げ」に手を出してみました。

読みが苦手な子がいらっしゃる方、PCで手作り教材をお考えの場合はテキスト読み上げ機能をお考えいただくとよろしいかもしれませんね。

https://www.adobe.com/jp/acrobat/hub/how-to/how-to-read-pdf-aloud
[読み上げ] 音声合成機能を使用してテキストを読み上げる - Microsoft サポート
コマンドを使用して、ドキュメント、メッセージ、プレゼンテーション、またはノートのテキストを聞きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました