【卒業アルバム】むすこ値段に憤慨。とその問題

ディスレクシア
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

10月を過ぎ、小学校卒業まであと半年を切ったむすこ。

「卒業!卒業!」と騒いでいるのは周りのおとなで、本人たちは平常心のようです。

「行事が多くね?」「来年は中学生だな」とか言う普通の日常の事では意識があるでしょうが、「何?騒がしくね?」と涼しい顔をしている彼らです。

ぼくは、入学よりも卒業の方を称えてあげたいと思っています。

むすこの場合は、悲しい事にLDのせいで学習面で取りこぼしが多い。

学校の勉強なんか「大嫌い」で終わりそうです。

それでも、中には好きな教科ができたり、得意なことがある。たくさんのともだちや、先生との交流ができたことはとても喜ばしいことだと思います。

この6年間は嫌なこともたくさんあったけど、逆に良い事もたくさんあって彼なりにがんばってくれたと思います。だからここまでの成長を区切りとして卒業を称えてあげたいのです。

本当に卒業していいのかな??そう思ってしまいますが、ここはひとまずです。

スポンサーリンク

卒対から請求が来ました。

卒業アルバムイメージ

卒対って何?と当初ぼくは、よく分からなかったのですが、現6年生が卒業するにあたって「卒業アルバム」や「卒業に関わる付帯事項」をやっていただくようです。

このようなアルバムのデザインやレイアウトを作るのが得意な妻が、その「卒対委員」に誘われていて、「やろうか」と思っていたそうですが、少年サッカー団の会長もやるし、ぼくが片麻痺状態なので断念し他の方にお願いしていました。

先日、その「卒対委員」の皆さま方から、今後の費用請求の依頼お便りをむすこが持ち帰ってきました。

「え~っと、卒業アルバムが、、13,500円で、付帯事項が5,000円で、18,500円ね。で、あ、Mさんの個人口座に振り込めばいいのね。OK!」とぼくが要旨を言っていると、

「Mさん、また会計なんだ~、だったら直接手渡しにすれば早いんじゃない!」と妻が軽口を言う。

「だめだよ、通帳で管理するんだろ、それにそこのぼくのPCで振り込んだ方が早いに決まってんじゃん。めんどくさくないし、SMBCなら何回かは手数料かかんないし。」とぼくの方がめずらしく正論を言ってしまいました。こんな事は稀です。

卒業アルバムこんなにするの?!

そのやりとりを聞いていたむすこが口を突っ込んできました。

「え?卒業アルバムって何??」

「ほら、保育園の時に卒園アルバムをおかあちゃん作ったじゃん、あの小学生版だよ。」

「あ~、あんなの要らね。だって18,500円もするなら、要らね。スパイク買った方が良い。」

「そうだよな。おとうちゃんも自分のどこにあったっけ?忘れた。」

「そんな意味の無いものがそんな値段するなんて。もっと他の事にお金は使った方が良い!!これからもっとお金が必要になるんだ。」

正論です。LDのむすこが一番まともかもしれません。

むすこはお金の勘定や、使いみちにはすごく敏感な子です。

基本、お金は大事にしないとと言う、少なくともうちの中では一番考えている男です。

しょっちゅう手持ちのお金のことを勘定していて「今、おれは〇〇円持ってる。ぶためんが〇〇円だから、残りはいくらだ!」とか即答できる特技を持っています。

算数でも図形の問題は苦労していますが、お金の問題は得意でした。

そんな子ですので、「卒業アルバム」と言う自分の理解を超えるものにお金を掛けるのはもっての他と考えているようです。

確かにそうだな。。。

ぼくも、卒業アルバムを見たのはもらった瞬間だけだ。あと使われるとしたら何か事件に巻き込まれてその容疑者か被害者の「いつの写真だよ!」と言う過去の写真としてテレビに載せられることぐらいにしか使われることは無いと、そんな風に思います。

そう考えると、猫も杓子も「個人情報!」「個人情報!」と騒ぐ時代に、他人(しかも児童)の顔写真と氏名を乗せた個人情報満載のアルバムを、全六年生児童120人に配布するというのはちょっとおかしいなと思うのであります。

NDAでも結ぶのかな?個人情報取扱同意書ぐらいはあるだろうな。

外国人だったらサインしない人いるだろうな。

その辺の学校の保管上の問題や、プライバシーの事等は現状どんな感じなのか、卒対委員の方に学校公開の時にでも、軽く立ち話で聞いてみようと思います。

スポンサーリンク

結局、親がこどもの成長を確認するためのもの

話はズレましたが、むすこが値段の面で憤慨するのと、それに思春期の子で、特にイケメンでも無くて、自分の顔なんかに全く興味も無いのに、あんな写真を見せられて良い気分になるものではありません。ぼくなんかも未だに、小学校、中学校時代のものは迷惑極まりないものと思っているぐらいです。

でも、我が子の卒業アルバムは見たいですよね。

なので、結局「卒業アルバム」は、学校としては卒業生の記録簿的なもの、そして親はこどもの成長を確認するためのものなんだなとそこに尽きると思います。

ちょっぴりおとなになったこどもが、おとなの自己満足に付き合ってくれている訳です。

で、値段に憤慨しているむすこを尻目にSMBCのネットバンクから無条件にそれ用のお金を振り込んだぼくです。

しかし、冷静に考えると高価だな。

全校児童の集合写真や思い出エピソードは要らないな、むすこ1人の卒業時のデカい写真が1枚と卒業認定証があればいいや。角帽とガウンでもまとってね。

学校での記録簿的なものは他にいくらでも方法があるでしょ。

スポンサーリンク

まとめ

むすこの「卒業アルバム」について値段に憤慨していたことを記述しました。

ぼくの頃はご丁寧に住所や電話番号まで掲載されていました。

大学に入学する頃に色々な勧誘に使われているなと思うことがありました。

個人情報や勧誘にほぼほぼ無法状態だった80年代半ば頃は、数々のお誘いと思われるものがありました。

ぼくは、大学やバイト先(いちお上場企業)以外に住所・電話番号を伝える事が無かったので、卒業アルバムから漏れ出たと思われることが少なくはなかったです。

ぼくは、そんな勧誘が増えて来たと思った時に、親に言って電話番号変えちゃいましたけどね。

今は、さすがに住所・電話番号の記載は無いと思いますが、ところによっては無神経に掲載してしまう事もあるかもしれません。
5年後、10年後のこどもを守るためにも、そのあたりを確認する必要がある気がします。2万円近く払って、碌なことに巻き込まれてしまっては溜まったもんじゃないです。

ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
ディスレクシア小学校
スポンサーリンク
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました