むすめが欲しがった、ボードゲーム「クマ牧場」を検討してます。

クマ牧場 Amazonより日常
この記事は約4分で読めます。

冬休み後半は、妻の実家へ行く予定が事情で中止になってしまいました。

久しぶりに新幹線に乗れることや、おじいちゃんちの屋根裏部屋に行く事を楽しみにしていた子供たちはちょっとがっかり気味でした。

そんな中、むすめがもうお正月には間に合いませんでしたが、面白そうなボードゲームを見つけてきて「やりたいやりたい」とせがむので検討してみました。

「え?ボードゲーム???」

ただ、この手のボードゲームは非常に高価ですし、1度やってもやらない可能性もあります。

そもそも、ボードゲームをやると言う発想はうちにはありません。

しかも、むすめの場合ひとりでじっくり考えてプレイできるものの方が好きだし、これに勝負が入るとね。。。顛末は見えてくる。むすこは絶対やらないだろうし、やるとしたらぼくとむすめと二人の対決か。。。。

自分のくま牧場を完成させるゲームらしい

DLしたマニュアルです。
Bärenpark
Bärenpark | A game by Phil Walker-Harding | Released in 2017

基本スペックの確認

作者Phil Walker-Harding(System)
デザイン Klemens Franz(atelier198)(Art)
原題Bear Park / Baerenpark
プレイ時間約30-40分
プレイ人数2-4人
対象年齢8歳以上
版元Lookout GmbH
販売ホビージャパン
発売日2017年11月
希望
小売価格
4,400円(税込)
ホビージャパン社webページより抜粋 一部変更

目的とゴール

目的

各プレイヤー(牧場建設者)がボード上にクマ牧場を建設すること。

クマ牧場を作るためには、動物園用地の確保、園内に必要な施設・動物展示物(タイル)を自分の敷地に隙間なく配置、くまの像を設置する。

ゴール

ゲーム終了は、誰かがクマ牧場を完成させた時。

勝者は、高得点のプレイヤー。

得点は配置したタイルに点数が書かれているので、その合計得点によって勝者が決まる。

早く牧場を完成させた人と高得点者は別人となることがあるのかな?

要素

流れ

以下のようなボード記載のものをタイルで隠すアクションを行って用地や施設を獲得して進めるらしい。

  • ミキサー車→動物の建物1枚獲得
  • ショベルカー→動物の展示場1枚獲得
  • 手押し車(猫車)→緑地タイル1枚獲得
  • 測量員→用地ボード1枚獲得

こんな感じで、ルールとしてはプレイヤーは時計回りで順番に進めて行く。
最後に自分の用地に1マスだけ何も置けない場所ができるからそこに「クマの銅像」を建設できる。

その他の要素

飼育する動物は4種類。シロクマ(ホッキョクグマ)、ゴビグマ、パンダ、コアラ。

このうち、ゴビグマが親子で書いてあるのをアマゾンで確認したむすめは、こぐまに会いたいとうるさいです。

ぼくが見た魅力

こういうタイルを埋めていくゲームって、シミュレーションゲームでは多くあってぼくもその手のゲームは大好きでした(今はやってる時間がない)。

戦争や戦略モノが多くて、これはすごく平和な感じがするしそれ程時間もかからなそうなので家族で楽しめるゲームかな?と言う気がしました。

多分、むすめには画も含めて大うけでしょう。

「がんばれ!グリズリー」と言う拡張キットもあるそうです。

これもおもしろそうです。

ぼくも、これはかわいいし、頭を使うゲームに見えますので、知育にも良いと感じました。

でも、パズルは大好きなむすめですが、ボードゲームはどうなんだろか?

タブレットやPCでのプログラミング関連に夢中なのにちょっと今のむすめの趣向が違うように思いました。

それに、大好きなくまちゃんというだけで何でも欲しがって、何でも手に入るということには少し抵抗を最近感じていますので、どうでしょうかというところです。

まとめ

と言う訳で、1度やって終わりになりそうな気もしたので、ちょっと様子見としようと思います。

空間思考を使う作業になるので、とっつくまでに時間がかかりますが意外にむすこの方が向いているような気がしました。

でもね、彼は3DCDゲームじゃないとやる気がしないだろうな。

そんな訳でちょっとお正月っぽい家族で楽しめそうなボードゲームの検討の話しでした。

※参考サイトです。

クマ牧場:がんばれ!グリズリー | ANALOG GAME INDEX
あなたの牧場にグリズリーがやってきます!拡大した牧場をモノレールで見て回りましょう!
クマ牧場 / ベアパーク / Bärenpark / Bear Park
ボードゲームの総合情報サイト「ボドゲーマ」では、会員が投稿したクマ牧場 / ベアパーク(Bärenpark / Bear Park)のボードゲーム紹介文・レビュー・リプレイ日記・戦略・商品情報等を見ることができます。
ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
日常
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました