コロナと血圧降下の関係。。。関係無いって言われる。

日常
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

脳梗塞の経過と治療に行って、担当医師にコロナ陽性発症し「先月末12月20日ゼロ日で、28日解除でした!」とお伝えしました。

「おー、それはいかがでした?後遺症とかもなさそうですね。」

「一度だけ一瞬、高熱が出ましたけど、今のところはだるさも何もありませんね」

「軽くで済んでよかったですね。それはよかったです。」

「ところで、コロナの高熱が下がった後から血圧が退院後のようにずいぶん下がったのですが、聞いたことあります??」

「えええ?ちょっと、聞いたことないですね~」

どれどれとぼくの色々と体の事を記録しているスマホを見せると。。。

折れ線グラフ(脈拍)が一番高いところに来ているのがコロナ全盛日、それ以降急激に血圧が下がっています。

「あ~、ほんとうだ。」と医師。

「年末年始は、日常と違うものを食べたのでちょっと血圧が上がってきていますが、退院後ぐらいのレベルになってきましたよね。薬のおかげですかね?」

「そうですね、コロナが治って来たのとは別に薬の作用でしょうね。」

「やっぱ、そうですよね。コロナのおかげなんて思いたくないですもんね。」

「でも、ずいぶん着実によくなりましたね。まだ、寒い日が続きますので、このままお薬を続けていきましょう!」

この冬の時期は、朝目覚めた時、寒い脱衣所、トイレ等、室温・気温で血圧の上下が激しくなるそうです。

その為に強い血流は、これまで酷使してきた血管を傷つけてしまう可能性があります。

そんな理由で「脳卒中」のリスクが特に高い時期と言われています。

ぼくは、夏場で脱水症状寸前の血液ドロドロ状態のせいで血管を傷つけてしまいました。

そんな理由で、冬も同様に気を付けないといけません。

血圧数値的には、安心できる水準です。

でも、動脈硬化等血管が硬くなっている箇所があるのも分かっています。

何事も無理せず生きていこうと思います。

スポンサーリンク

まとめ

コロナで血圧が下がるかと、医者に聞いた話を記述しました。

ぼくは、今血圧を落ち着かせることと、血液をドロドロにならないように対策をしています。

血液サラサラにするように気を付けているのを、むすめが知らずに聞いて覚えていました。

「おとうちゃん、血液サラサラにするのに”チアシード”が良いんだって。」と教えてくれました。

チアシードって確か、ゴマみたいな水に戻すダイエット食品だったような。。。

調べてみると、(脂肪酸)オメガ3、6。鉄分、カリウム、食物繊維等々、今のぼくには悪いものは無いじゃん!

病人のおとうちゃんのことをよく覚えててくれました。

最初は小さい袋で、ちょっと試してみようと思います。

ありがとうね。

チアシード ホワイト 200g 日本人生産 加熱殺菌処理済 国内検査済
チアシードは水に浸すと10倍以上に膨らむ不思議な種です。有効成分を突出して多く含むため、『スーパーフード』とも称されています。体内で作ることが不可能な必須脂肪酸オメガ3(αリノレン酸)、オメガ6(リノール酸)が含まれ、さらにミネラルや鉄、豊富な食物繊維といった不足しがちな栄養成分が多数含まれております。当店のチアシード...
ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
日常
スポンサーリンク
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました