【漢字】最近調子が良いと自ら言う、LDむすこです。

ディスレクシア
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

先日のプラネタリウムの帰りに、こどもたちが大好きなジョナサン(ファミレス)に寄りました。

そこで、うちの小6ディスレクシアむすこちゃん(たまにはちゃん付け)がぼくの耳のそばに寄って来て、珍しく内緒話をしました。

「おとうちゃん。2学期になってからね、漢字プリントとテスト調子が良いんだよ!」

そんな良い事ならおかあちゃんにも聞こえるように言えばいいのに、おかあちゃんだってよろこぶのになぁ。でも小声。

「どうした?なにか噛み合うようになってきた?」

「うん、なんか今まで書けないかもと思ってた文字も頭から出て来ることがあるんだよ。」

「へー、なんか繋がってきたんだね。〇〇くん(むすこ)はがんばったもんね。」

「おれ、すげーがんばってるよ。」

実は実際に戻って来たテスト・プリントを見た訳ではありません。

と言うのは、むすこの学年では漢字のテスト・プリントはファイルにしてクラス・先生で保管してあるのです。

持ち帰ってくるのは学期の最後の方です。学期最後の50問テストが終わった頃ですね。

むすこの学年だけがそうかと思ったのですが、むすめのも見たこと無いので、その保管の事は学校全体でそう言う方針にしていて、いつでも学校で復習ができる体制にしているようです。

むすこの場合5年生までは、家で復習させるために持ち帰るように先生にお願いして、自学の為に読みと意味中心にがんばっていたのですが、今は先生にお任せしてみんなと同じ対応をさせています。

家で自学するよりも先生やともだちと復習する方が楽しいみたいで、たまに下校時間を過ぎて帰ってくる時がありますが、漢字や算数の復習をみんなが教えてくれてそれから帰ってくるようです。

「勉強なんかつまらない!」と相変わらず言っているむすこです。

「勉強」なんかこの字ずらから表記されているように、辛く、面白いものである訳ではありません。

でも、つまらないなりに、楽しく学習・勉強しようと提案してくれる、先生やともだちの感謝しかありません。

内緒話でも自信半分話してくれるだけかなりの改善と成長があってうれしいです。

本当はどれぐらい書けてるのかな?

小学生、しかも発達系LD児に結果を求めるのきつい。

そんな事言われなくても、好きなことがあるので勝負の世界を十分に意識しています。

バランスよく自分の中で整理出来た時、LD児であろうが目覚める時が来るのではないかとぼくは考えています。

いや来ないかもしれない。それでも良いとも思っています。

自分が納得できる人生が送れれば。

そこは、親としては忍耐。

子育ては忍耐だと思う。彼が完全に独立できるまではお手伝いはするけど。

触るグリフ「日本語の仮名と短文と漢字」シート - ディスレクシア(読み書き障害)の触読版学習|触るグリフ
触るグリフは、立体化凸パターン文字に「視ながら手で触れて,音読する」触読プログラムです。教材を利用してご自宅でも実施できます。 触覚記憶から文字の形状と綴りパターンの補強と精緻化を促します。 触覚−視覚学習
ミチムラ式漢字カード|オンラインショップ
ミチムラ式漢字学習法の「漢字カード」を販売するオンラインショップ|漢字ドリルのように何度も書くより、早く正確に覚えられるので、効率的に楽しく漢字学習に取り組めます。とくに書いて覚えるのが苦手な特性(発達障害、読み書き障害など)なお子様には、ぜひお試しください。
無学年式オンライン教材『すらら』|勉強苦手な中学生編
すららはお子さまのペース、学力に合わせる新しい学習法式で「学年」にこだわらず学習できます。ゲーミフィケーション要素で楽しく学習、経験豊富なすららコーチのサポート付き。小学生から高校生のための家庭学習教材です。
ブログにご訪問いただきありがとうございます。
この記事を書いた人
sorairo555

ブログ管理人(ぼく):自由業 妻:会社員 むすこ:小6、ディスレクシア、人付き合いと運動だけは得意 むすめ:小3、特性凸凹な子 4人家族の子育て関連ブログです!

sorairo555をフォローする
ディスレクシア漢字
スポンサーリンク
【学習障害むすこ】空気は読むが字は読めない

コメント

タイトルとURLをコピーしました