【漢字テスト】50問テスト撃沈。小6むすこ。

ディスレクシア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ぼくが、外出から帰ってくるとテストの紙を持って来てベソかいている小6むすこ。

みてみると、返された「漢字50問テスト」でした。

でも、かなり撃沈されながらも心が荒れているようです。

点数は、「86点」合格点は「90点」以上ですので、再テストです。

「惜しかったじゃん、もうちょっとだったね。再テスト?」

「ぼ~く~だけ、再テスト~(泣)」

「そんなわけねーだろ。難しい漢字ばっかりだから、他にもいるはずだよ」

「もう、やだ、やりたくない。こんなにがんばったのに~」

がんばったって言っても、移動教室帰ってから、2,3回読んで練習しただけです。

おいおい、よく考えると、読めない漢字もいっぱいあったのに、86点だから50問中43個合ってたことになります。

むすこの特性から思うと、考えようによってはすごいと思うのですが・・・・

ぼくは、あの調子だったら50点ぐらいが精一杯だと思っていました。

かなり、成長したと思うよ。

でも、本人は納得していません。

「じゃあ、落ち着いたら、一緒に勉強しようか」

スポンサーリンク

再テストがんばる

解答欄を白く塗って印刷

アイスを食べながら、パンツ1枚でがんばるむすこ。

「おとうちゃん、もう一回テストするから、戻って来たテストのここ白く塗りつぶして・・・」

「わかった!」

iPadで写真を撮って、戻って来たテストの解答欄を全部白で塗りつぶしました。

うちは、A4白黒プリンタしかありませんが、A3用紙を縮小して答えを塗りつぶしたものを5枚渡しました。

少し、落ち着き始めて、テストのやり直しを勉強していきました。

「おとうちゃん、お風呂に1枚持って行ってやってもいい?」

「いいよ」

お風呂でも身振り手振りで練習したそうです。

むすこ流の覚え方です。

そして、全部で5枚終わった頃にはすっかり覚えられたそうです。

休憩

「よし、ちょっと休憩してもいい?」と言って、自分の机に行ってともだちとオンラインでゲームをしていました。

聞き耳を立てると、、、、

「明日、漢字50問再テスト、お前どうする?」

「え?あした。そんなの知らねー」

「あしたあるよ。おれ明日は100点取るから」

「うそー、本当かよ!!」

なんだ、再テストあんただけじゃないじゃん。

休憩が終わって

「ねぇ、今さ、〇〇(ゲームの相手)と再テストって言ってたじゃん」

「うーそ~、本当は、〇〇も、〇〇も、〇〇も、たくさんいるよ。」

「だろ、だって難しいじゃん、この漢字。聞き方も変な漢字多いしさ、現実的な熟語じゃないよね。」

「〇〇なんて40点だから大変だよ。おれ、明日100点取るよ。」

すっかり調子乗ってます。

「おとうちゃん、さっきの10枚印刷して!おとうちゃんとおかあちゃんも50問テストやろう。」

と言う訳で、我々も漢字50問テストをやらされる羽目になりました。

ぼくは、書字の方はまだまだ右手が脳梗塞の影響で麻痺が残っています。

だから、むすこの方が書くのが早いです。

「おとうちゃんに、追いつかれないようにがんばる。」

「書くの早いね」

「書くの早いの関係ある?」

「全然。ある訳無いじゃん。」

と早く書こうとするとぐちゃぐちゃになるので、いちお、速度は関係無いと言っておきました。

翌朝も練習

翌朝も5時半に起きてきて、確認していました。

全部覚えていることを確認して、学校に行きました。

さて、どうなることやら。。。。

スポンサーリンク

まとめ

小6漢字50問テストの結果を記述しました。

今回は、移動教室が終わって2日後と勉強時間も少なかったと言っておりました。

長くあったって、「忘れちゃうから」と言ってやらないくせに。

前もってやっても、記憶が定着することが分かってくれれば、やるんだろうに。。。

根はコツコツやる方なのになー

記憶の方は、普通と違って苦労しているので、今は自分なりの方法をがんばってあみだしているのだと思います。

お風呂で身振り手振り勉強するとかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました